サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【社会】"安倍ラブ"自衛官たちが語る、国防軍化への"熱い"期待
ニュース
自民党支持の自衛隊 他党への協力は消極的?

"安倍総理ラブ"な自衛官たちが告白する国防軍化と自民党への期待

+お気に入りに追加

士気高まる自衛隊

安倍晋三新総理の誕生で、自衛隊の士気が高まっているという。もともと自衛隊幹部は防衛庁の省昇格なども実現した自民党支持者が多いため、現場の自衛官たちも「上へ右ならえ」(自衛官)で同党びいきの傾向が強いという。今回は、そんな自衛隊の中でも特に安倍総理を評価する現役自衛官たちに、「安倍ラブ」の理由や、自民党政権への期待などについて語ってもらった。

1302_gieitai.jpg
『総合国防マガジン 自衛隊FAN』(双葉社)

【座談会参加者】
A:海曹長…40代 
B:海曹長…40代
C:1等海曹…40代

──今回は、実際に海上自衛隊で隊務を遂行する下士官のトップである海曹長と、その1つ下の階級である1等海曹の方々にお集まりいただきました。まず、3年3カ月続いた民主党政権を、皆さんはどのように見ていましたか?

A 悪夢のようでした。特に尖閣諸島中国漁船衝突事件【1】では、時の官房長官・仙谷由人が、私たち自衛隊を「暴力装置」呼ばわりしました。あの発言は、自衛隊員の士気を著しく損なわせるだけでなく、プライドをひどく傷つけるもので、到底許せるものではありません。

C 失言・訂正の繰り返しで国防知識ゼロをさらけ出した、田中直紀防衛大臣(在任期間‥2012年1月~6月)もひどかった……。田中大臣の在任中、本省庁(東京・市ヶ谷)は幹部たちを含め、空気が緩みきっていました。その後、自衛隊出身で国防のエキスパートである森本敏氏に交代すると、一気に引き締まりましたが。

B そもそも民主党は中国や韓国と親しい旧社会党の流れをくんでいる。その政権の総理、防衛相の下で、私たちが命を張るのは、納得がいかなかった。

──東日本大震災では、自衛隊は被災地の復旧活動で活躍しました。最高指揮官である菅直人総理(在任期間:10年6月~11年9月)と北澤俊美防衛大臣(同:10年9月~11年9月)に対する評価はいかがですか?

MEMO『自衛官』
防衛省職員のうち、陸・海・空の自衛隊に所属し、実際に現場で隊務を行う特別職国家公務員。制服組、武官とも呼ばれ、その数は約23万人(2009年)にも及ぶ。

C 菅総理は、震災復旧が急務な時期に、防衛大学校【2】の卒業式にわざわざ参加しました。歴代総理が出席しているからとはいえ、現場の自衛官の間では、「国難ともいう時期に、いったい何を考えているのか?」という声が広がりました。総理が防大の卒業式に出たいと言っても、それを諫め、国事に邁進するよう意見具申するのが防衛相ではないですか? そのようなトップたちを、私たちはまったく尊敬していませんでした。

──民主党政権時代、防衛省は同党議員から資料提供などを求められても、「どうせ理解できないだろうから」と、真面目に対応していなかったというのは、本当ですか?

A 内局(防衛省本省)や幕(陸・海・空の三自衛隊の幕僚監部)などの上のほうの話ですが、「よくやった」という感じですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』