サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【社会】学会員が語る池田名誉会長死亡説
ニュース
公明党議員が学会幹部に怒られるのも日常茶飯事!

創価学会員たちが語る公明党総選挙の裏側と池田名誉会長死亡説

+お気に入りに追加

存在が薄い公明党と創価学会の憂鬱

本誌が発行される頃には、衆院総選挙の雌雄は決しているが、民自対決や日本維新の会をはじめとする第三極の陰にかすみ、かつての与党・公明党の存在感は終始薄かった。そんな同党の最大の支持母体・創価学会本部職員と学会員の“本音”を通じて、選挙の裏のドタバタぶりや、学会員たちの苦悩を振り返る。

【座談会参加者】
A:創価学会本部職員 
B:創価学会本部職員
C:創価学会員

1301_az_ikeda_.jpg
『私が愛した池田大作』(講談社)

──現在、実質的には衆院総選挙真っただ中ですが【編註:12月1日現在】、いまひとつ公明党の存在感が薄いように思われます。

B 今年の前半くらいまでは、民主党の支持率の低さもあり、学会内部は「次回選挙で、やっと自公連立で政権与党に戻れる」というムードでした。しかし、ふたを開けてみれば、日本維新の会をはじめ、急伸する第三極の勢いや民自対決の陰に隠れ存在感が薄くなり、これまでにない厳しい選挙戦です。候補者の演説にも人が集まらないし、有権者に握手を求めてもこたえてくれない。2005年に“小泉”自民党と一緒に戦った郵政選挙の時と、雲泥の差があります。これだけ存在感が薄く、話題にされないくらいなら、何かバッシングを受けて多少注目されるほうがまだましかもしれません……。

C そもそも党代表の山口那津男さんが地味過ぎます。元代表の神崎武法さんも地味だったが、検事出身で政治的手腕も高かったし、テレビCMで「そうはいかんざき」と叫ぶくらいのユーモアもありました。そろそろ世代交代が必要なのではないでしょうか。

──次期党代表には、誰が有力視されているのですか?

B 東大出身者が2代続いたので、本来であれば創価大学出身【1】で学会内の人気も高い北側一雄副代表が順当のはずでしたが、前回選挙で落選して傷がついてしまいました。かといって、同じく創価大出身で将来の代表候補といわれる高木陽介広報室長や遠山清彦平和局長は、マスコミ受けはよいのですが、代表になるには少し若過ぎる。有力株が見当たらないのが実情です。

A そうした実情が新規学会員数の伸び悩みや、会合・選挙活動などに参加しない学会員の増加など、今の学会の地盤低下を招いているのではないでしょうか?

MEMO『創価学会』
公称・827万世帯の会員数を抱え、支持政党・公明党を通じて政界にも大きな影響力を持つ“宗教界のガリバー”。学会員たちからの寄付などから得られる収入は莫大な額に及ぶともいわれる。

C 地盤低下の原因は、青年部【2】がだらしないからですよ。私たちが若かった頃は、選挙といえば、学会や党に迷惑をかけないよう、もし罪を問われれば最後は自分で責任をかぶる覚悟で、他党候補者のポスターを剥がしたり、認知症の老人を投票所に連れていき公明党に投票させるなど、多少無茶なことでもする覚悟で選挙戦に臨んでいましたよ。でも、今の青年部員はみんなインテリ化して、電話勧誘やポスター貼りなど、他党と同じ選挙活動しかしておらず、それでは、勝てるものも勝てません。

──例えば大阪市議会では、橋下徹大阪市長が代表を務める「大阪維新の会」と公明党は良好な関係です。国政レベルでも一緒にやっていこうという声はあるのですか?

A 与党にならなければ連立する意味はない。公明党は野党なので、今の段階でわざわざどの党と組むかを意思表示するより、現段階ではフリーハンドでいたほうが都合がいい。維新の会に限らず、向こうからの申し入れがあって初めて、検討するということです。もっと言えば、維新の会に限らず、共産党以外であれば、連携の可能性は十分にある。公明党は「キャスティングボートを握りたい」党ですから(笑)。

B 今の学会上層部は一枚岩ではありません。これでは組織として方向性にブレが出ますよ。

C 公明党がどこと組もうと組むまいと、私たち学会員は必死になって選挙をやるだけです。

──「学会員が必死に選挙をする」とのことですが、学会と公明党の力関係というのは、どちらが上なのでしょうか?

A 公には、学会は公明党の「支持母体」ですが、実質的にはオーナーなので、同党議員は学会幹部よりも下の位置づけです。議員が学会幹部に怒られるなんてことは日常茶飯事ですし、むしろ本部職員として、エリートコースを外れた人が、選挙に出馬するケースもよくあります。ですので、学会員たちも議員を偉いとは思っていません。すべては池田大作名誉会長の「議員は私たちが選んだ人、みなさん(=学会員)の部下」という言葉に象徴されています。

創価大出エリートが学会をダメにする!?

──公明党の厳しい選挙戦を支える学会も、近年では「実際に活動しているのは高齢者と婦人ばかりで、将来を担う若手が育っていない」との声も聞こえます。

B そんなことはありません。主に10~30代の男子、女子、学生で構成される青年部も頑張っていますよ。

C そうは思いません。例えば、05年、全国の主に20~30代の男子学会員が所属する全国男子部長のY氏が、大勢の末端会員には「池田先生の手駒として活動しなければならない」と指導しておきながら、自分は公になっただけでも4人の女性職員と乱倫していた事件。「フライデー」(講談社/05年8月12日号)に報じられ、学会史に残る恥です。

B 反省すべき話ですね。東京大学合格を蹴って創価大へ入学、同大学院まで卒業したY氏は、学生時代から「遠い将来の会長候補」として学会内部では有名でした。

──「創価学会の勢いが衰えた」といわれていますが、やはり池田大作名誉会長の不在が長いことも影響していますか?

B 先生が表に出てこられない理由を、学会本部は学会員たちにきちんと説明する義務があると思います。

──なぜ説明しないのですか?

A それは池田先生個人のプライベートなことなので……。

──説明がなされないため、世間では死亡説まで流れていますが、やはり池田名誉会長は重いご病気なのでしょうか?

A いや、それは……。先程申し上げたようにプライベートなことなのでお話ししかねます。

B 私たち本部職員ですら答えられないところに、今の創価学会の根本的問題があると思います。情報公開し、説明責任を果たすべきです。

C その通りです。先生は学会の要です。その要が表に出てこないから、選挙をはじめとする活動が鈍くなっているのは確かです。

──ほかにも理由はあるのでしょうか?

B 以前の「同志的結合」という雰囲気が薄くなったこともあると思います。学会員は、行政区をベースに地区分けされたブロック単位で主に活動します。そのブロックごとで定期的に集まり、学会の機関誌「大白蓮華」を輪読したりする「地区座談会」を行っています。以前であれば、座談会の後にそのままみんなですき焼きをしたりすることもありましたが、最近では自粛しているところも多いです。

C 年々、学会員同士が家族のように交流する機会が減っていくのが、私たち年配には寂しい……。

(構成/編集部)

【1】創価大学出身
71年に当時の池田大作会長が設立した、創価大学の出身者が学会本部職員には多く、幹部候補生でもある。また、本部には東大・早大などの出身者も多いが、彼らの出身高校は創価高校や関西創価高校が多い。これらの高校から創価大学、東大、京大、早稲田、慶應へ入学・卒業したエリート職員たちは、本部でもかなり幅を利かせているといわれる。

【2】青年部
創価学会には年齢や性別ごとのグループがあり、そのうちの青年部は、主に10~30代の男子部員、女子部員、学生部員で構成される。地域ごとにグループ化されており、講演会の主催や勉強会などを行っている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ