サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > サイゾーpremium編集長推薦記事
【キャンペーンspecial】あの有名人&識者が選ぶサイゾーレコメンド!

板野友美・孫正義の正体からアムウェイの実態まで! サイゾーpremium編集長が選ぶオススメ記事

+お気に入りに追加

1212_cyzo_hyoushi_large.jpg

 読者の皆様、いつも「サイゾーpremium」をご利用いただきありがとうございます。おかげさまで2012年もたくさんの方にご入会・ご利用いただき、編集部一同、御礼申し上げます。

 そして、日付が変われば12月1日。いよいよ今年も残すところあと1カ月となりました。本年の感謝の気持ちを込めて、「まだ『サイゾーpremium』読んだことない!」「前に使っていたけど、退会しちゃった」という皆様にも気軽にご利用いただけますよう、当サイトでは無料購読キャンペーンを実施致します! 2012年12月1日~12月31日の1カ月間は、「楽天あんしん支払いサービス」を利用してご登録いただきますと、「無料」ですべての「サイゾーpremium」記事をご覧いただけますので、この機会にぜひ、ご利用いただければ幸いです。

 そして、当キャンペーン期間中には、宮台真司氏、佐々木俊尚氏、花くまゆうさく氏などなど、「サイゾー」の連載陣をはじめとしたサイゾー所縁の皆様に、「サイゾーpremium」オススメ記事をご紹介いただきます。まずは手前味噌ながら、その先陣を斬って、「サイゾーpremium」編集長オススメの記事をご覧ください!

 2012年の振り返りという意味を込めて、今年配信した記事の中から、その取材秘話も含め印象に残ったものをピックアップしてみました。

『やっぱりともちんは"底上げ"されてた!? だからAKB48のCM起用の理由を直接聞いてみた』
(2012年2月号「2012年版経済【秘】白書」【AKB48広告効果の舞台裏】より)

 この記事は、今年大活躍したAKB48とIT企業の関係について検証した企画の中の、いちコラムです。サイゾーの人気企画「だから直接聞いてみた」を一時的に復活させた企画だったのですが……板野友美さんのCM起用の理由について問い合わせた「サマンサタバサグループカスタマーセンター」の担当者さんがとにかくすごかったんです。こちらは執拗に、板野さんのCM起用についてとインターネット上で「公開処刑」と言われたことについての見解を求めるのですが、話を遮る遮る……! 「公開処刑」について、記事上では「何か調整があったのかもしれない」というに留めていますが、実際は、途中「(ほかのモデルさんたちと)真横に並んでいても、下に何か置いて乗っていたら……」という発言もつい飛び出してしまったりして、苛立ちを露に答えてくださいました(笑)。お堅いカスタマーセンターの方々との交戦の様子をぜひ、チェックしてみてください。

『ルポマンガ家・村田らむが直撃! 孫正義の「やりましょう」のルーツ(?)新宗教団体・善隣教に迫る!!』
(2012年5月号「ソフトバンクと孫正義の正体」【孫正義の”信仰”とは】より)

 ご存知の方は少ないかもしれませんが……(涙)、雑誌「サイゾー」は今年、大きくリニューアルを致しました。その第一弾となったのが、この2012年5月号。メイン特集では、ソフトバンク研究を行いました。当然、孫正義社長ご本人にも取材を申し込みましたが、お時間の都合でご承諾いただけず……関係者や識者の方々のお話をもとに、孫社長とソフトバンク社の実態を、勝手に検証した特集です。そして、おそらくその“勝手に検証”の最たる企画となったのが、発売時あまり話題にならなかった(苦笑)このコラムではないでしょうか。

 孫社長が信仰していたと言われている「善隣教」の教団支部に突撃した様子をルポマンガ家の村田らむさんにマンガ化してもらったものなのですが、実はこの時、教団本部の広報さんにも、取材申請をしていたんです。本部は福岡県。そのため、電話でお話をするに留まりましたが、「孫さんて、本当に信者だったんですか?」という質問に、「はい。最近はお忙しい方ですから直接お越しにはなりませんが……会社(ソフトバンク)の設立後も、しばらくは足を運んでくださっていましたよ」とノリノリでご回答いただいたんです。とはいえ、ご本人の口から聞くまでは定かではないので、孫社長! ぜひ、サイゾーにもご出演お願いします!

『東幹久も応援中!? マルチ商法からネットワークビジネスへ移行するアムウェイは合法か? 違法か?』
『被害者の会・加藤直隆教授が警鐘!「アムウェイは、若者に”夢”を見せるビジネス」』
『「“アムウェイ成功者”に俺はなる!」年収2000万円も夢じゃない!? ディストリビューターの野望』
(2012年6月号「崩壊する超優良企業」【ネットワークビジネスの違法性を問う】より)

 続いては、6月号の「崩壊する超優良企業」特集内に掲載されました、アムウェイ研究をご紹介します。この企画は、たまたま友人が同社のディストリビューターになるという話を耳にし、「あれ? でもアムウェイって昔……」と回想したことに始まります。早速調べてみると、一時期名前を聞かなくなった同社は、着実に、その活動範囲を広げているではありませんか。何より、“マルチ商法”と呼ばれる手法を取った同社のCMが、テレビ(深夜枠ですが)で流れ始めていたことにびっくり。さらに、東幹久さんに青山テルマさん、AIさんなど、同社のCMやイベントに出演したり、利用者として名前を連ねている著名人の方々もいるということで、アムウェイに対する認識の変化にも驚きました。とはいえ、その実態は……この記事が、その検証材料になればと思います。

『辛酸なめ子×アダム・ランバート “神の声域”を持つアメリカンアイドルの素顔とは?』
(2012年10月号「インタビュー」より)

 最後は、今年の8月に来日した“アメリカンアイドル”、アダム・ランバートに、「サイゾー」ではおなじみの辛酸なめ子さんが直撃した対談です。取材中、「ダイエットには常に気を使っている」という話をしながらも、スタッフさんに超強力なカフェイン入りドリンクを持って来てもらい、目の前でゴクゴクと飲み干したアダム。それはもう「その缶に今、そのお口をつけましたよね! そのお口を!」と、その場の女性スタッフ全員が思いながら見ていたに違いありません。そして対談終了後、アダムが退室した途端、なめ子さんとわたくしはその缶を触り、写真を撮らせていただきました。全国のアダムファンの皆様、本当に申し訳ありません。しかし、その対談中の生暖かい空気は、この記事から十分に味わっていただけることと思いますので、ご笑覧いただけますと幸いです!

 さあ、0時を回った瞬間から、このサイゾーpremiumは「無料」になります! しつこいようではありますが、この機会にぜひ、ご利用いただければと思いますので、たくさんのご入会をお待ちしておりますー!
(文/サイゾーpremium編集長)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』