サイゾーpremium  > 連載  > SKE48の大人のための二次元講座  > [出﨑統監督追悼]SKE48二次元同好会...

──今年4月に肺がんのため67歳で死去した、出﨑統。『あしたのジョー』『エースをねらえ!』『ガンバの冒険』『ベルサイユのばら』など、70~80年代を代表するアニメを数多く手がけた名監督だ。ここでは、そんな同氏を偲び、現代においても色あせない出﨑作品が持つ魅力を、リアルタイムではまだ誕生前だった(!)SKE48、「二次元同好会」のメンバーに語ってもらった。──大人のための二次元講座、課外授業が開講です!

ske_msquare.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

──みなさんには、事前に出﨑統氏が監督を務めた70年代アニメをひと作品ずつ観てもらいましたが、出﨑監督のことって、ご存じでしたか?

中西優香(以下、) 実を言うと、よく知りませんでした。ただ、出﨑監督が生前に手がけられた作品をチェックしてみたら、昔の作品でも「あ、観たことある!」ってものが多くて、偉大さを感じましたね。

古川愛李(以下、) 私も『ガンバの冒険』とか、観てた覚えがある。確か、悪いイタチのせいでネズミがたくさん死んじゃうんですよね。

 そんなグロい場面あったっけ?

 ありましたよー。"大人版ハム太郎"みたいな感じで。

──ハム太郎といえば、2001~04年公開の『劇場版とっとこハム太郎』も監督が手がけていたんですよ。そういえば、秦さんは声優を志しているそうですが、70年代アニメを観ていて「今の声優さんとは違うな」と感じた部分はあります?

秦佐和子(以下、) たぶん70年代って、声優というお仕事がようやく定着し始めた時期で、まだ舞台俳優さんなどが兼業でされているケースも多かったと思うんです。だから『ベルサイユのばら』(以下、『ベルばら』)などでも、「発声の仕方が舞台俳優さんっぽいな」と感じますね。

 この頃って、今みたいに声優さんがたくさんいたわけじゃないから、ひとりの声優さんが担当している役の数も多いんだよね。アニメを観ながら「この声、あのキャラの人だ!」って発見できるのも楽しい。

──なるほど。では、作画や演出面で時代を感じたところは?

 なんかマンガみたいに効果線がよく使われていますよね。キャラクターに斜線で影が入っていたりとか。

 おそらく当時は、"原作マンガをそのまま生かす"という形でアニメが作られていたんじゃないでしょうか。昔はアニメのことを「テレビマンガ」と呼んでいたみたいですし。

 確かに昔のアニメって、原作の絵をそのまま動かしている感じの作品が多いかも。今はアニメ化されると、絵柄が変えられちゃうことも多いから、そこはいいなって思う。

──ちなみに、最近はやらなくなってしまいましたが、以前は平日の夕方に民放キー局で70年代アニメが頻繁に再放送されていたんですよ。

 知ってますよー。よく観てましたもん。子どもの頃にテレビで再放送が楽しめたのは、うちらの世代が最後くらいかもしれませんね。

 そうかも。子どもの頃に再放送で観てたから、70年代のアニメでも懐かしい気持ちになるよね。

 あと、70年代の作品って、親と一緒に楽しめることも魅力のひとつだと思うんです。うちも母が『ベルばら』のマンガを読んでいたので、話が盛り上がったんですよ。そんなふうに親と共通の話題で盛り上がれることって、今のアニメだとまずないじゃないですか。

 えっ? うちは全然あるよ。お母さんと『魔法少女まどか☆マギカ』(毎日放送ほか)の話で盛り上がったり……。

 古川家は特殊なんだよ!(笑)

(文/アボンヌ安田)
(ヘアメイク/関谷佳代子)

SKE48
AKB48の姉妹ユニットとして、名古屋の栄を拠点に活動するアイドルグループ。今回、連載でもおなじみの「二次元同好会」メンバーより、(写真左から)秦佐和子、中西優香、古川愛李に登場いただいた。

■秦佐和子イチ推し!

1110_ske_tu2.jpg
1110_ske_berubara.jpg

『ベルサイユのばら』
79~80年に放送されたアニメ作品。フランス革命前から革命前期を舞台に、男装の麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描いた。

『ベルばら』は私のバイブルともいえる作品です。大好きな宝塚で舞台化もされていますが、アニメのほうが原作に忠実なので良いですね。36話あたりから泣きどころの連続で、宿泊先のホテルのお風呂で観ながら号泣しちゃいました。

■中西優香イチ推し!

1110_ske_tu1.jpg
1110_ske_ienakiko.jpg

『家なき子』
77~78年に放送されたアニメ作品。孤児と知らず育った少年レミが旅芸人のビタリスに引き取られ、旅する中で、多くの出会いを通して成長していく冒険物語。

劇場版を観させていただいたんですけど、主人公のレミはなんにも悪くないのに、理不尽なことでつらい目にたくさん遭わされて、とにかくかわいそうでした(笑)。でも、そんな状況でも常に笑顔を絶やさないレミに勇気をもらいましたよ!

■古川愛李イチ推し!

1110_ske_tu_tu3.jpg
1110_ske_takarajima.jpg

『宝島』
78~79年に放送されたアニメ作品。原作では敵役であるジョン・シルバーを「男の中の男」と位置づけ真の主人公とするなど、大胆に解釈し直しているのも特徴。

私が観たのは劇場版なんですけど、海賊のシルバーがウソツキで、でも優しくて……超かっこよかったです! 『あしたのジョー』の力石に似ていて、顎がちょっとすごいんですけどね。終盤の飛べなくなったオウムとのやり取りは必見です!

【出﨑監督の名作が見られるのはココ!】

『ムービースクエア』

1110_ske_movie.jpg

今回紹介した出﨑統監督の作品をはじめ、30~40代の方には懐かし~いアニメ作品が満載な動画配信サイト。『侍ジャイアンツ』や『鉄人28号』、『スペースコブラ』『ど根性ガエル』『ルパン三世』など、なかなかレンタルショップにも並ばない貴重な作品も含め、名作ばかりがラインナップされている。SKE48のメンバーも語っている通り、現代アニメとの違いを楽しんだり、親子間の話題作りにもなったりと、20代にも魅力的な作品がズラリ。登録して、懐かしのアニメ作品に触れてみてはいかがだろうか?
公式HP〈http://www.moviesquare.jp/

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ