サイゾーpremium  > 特集2  > 金になるかは不明でも、とりあえずデビュー...

──AKB48にSKE48、モーニング娘。にももいろクローバー、日本の女子アイドル市場はにわかに"戦国時代"の様相を呈している。だが、彼女たちのライバルは国内だけにいるのではない。今、日本の若い女の子を中心に、韓国の女子アイドルグループが空前の人気を見せているのだ。まだ日本デビューを果たしていないグループにまでファンがついているこの状況は一体どうして生まれたのか? K-POPガールズグループ人気のナゾに迫った。

1009_kankoku_tobira.jpg
(絵/都築 潤)

 2009年、東方神起が大ブレイクを果たしたのを契機に、日本でK-POPに注目が集まるようになった。昨年はBIGBANGなど、男性アイドルグループの日本進出が目立ったが、今年は女性アイドルグループの勢いが凄まじい。韓国で高い人気を誇るKARAや4Minuteは、いち早くショーケースライブ(プロモーション目的のライブ)やイベントを開催し、日本デビュー前にもかかわらず数千人を動員。KARAのデビューシングル「ミスター」は、バージョン違いの3枚がタワーレコードの先行予約販売チャート上位3位を独占し、8月14日に行われた握手会には、1万人を越えるファンが集まったほどだ。

 この"一大K-POPガールズブーム"だが、そこにはひとつの特徴がある。それは、主なファン層が10~20代前半の女性という点だ。K-POP事情に詳しい日韓音楽コミュニケーターの筧真帆氏は、この状況を次のように分析する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』