サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 木梨憲武が水谷豊ルートで『相棒』にコネ出演を画策!?「もう友だちに寄生するしかない……」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

木梨憲武が水谷豊ルートで『相棒』にコネ出演を画策!?「もう友だちに寄生するしかない……」

+お気に入りに追加
1801_kinashi.jpg『NORITAKE GUIDE IV ONE HALF LIVE [DVD]』(ポニーキャニオン)

 芸能界で生き残れるか、今年は正念場となりそうだ。

 長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月末で打ち切りとなったとんねるずが、苦境に立たされている。

「とんねるずは所属事務所の社長を石橋貴明が、副社長を木梨憲武が務めていますが、『みなおか』終了で、それぞれ年間4億円の収入が消える公算です。高額なギャラがネックで、新番組の企画会議で2人を起用しようという局もなく、石橋自らが事務所の所属タレントで、妻の鈴木保奈美の売り込みをしている状況です」(業界関係者)

 スポーツ特番で存在感を見せる石橋はまだしも、深刻なのが木梨の立ち位置だ。テレビ関係者が言う。

「インターネットの検索窓に『木梨』と入力すると、『つまらない』というワードが自動で出るほど、トークの切れ味がなくなっているのは明白。バラエティでは正直使いづらい。本人もそんな状況を自覚しているのか、4月公開の映画『いぬやしき』で16年ぶりの主演を務めるのを機に、俳優業に活路を見出そうとしています。さらに、プライベートで親交の深い水谷豊を通じて、『相棒』(テレビ朝日)にねじ込んでもらえるよう嘆願しているのだとか。水谷は人がいいので頼まれたら断れない。なんとか便宜を図ろうとスタッフと掛け合い、『科捜研』や『交通鑑識』の役での調整が行われていると聞きます。今秋に始まる新シリーズ1回目のスペシャル、もしくは映画版で出演する可能性はありそうです」

 そして、木梨のもう一つの財産が、競馬界のスーパースター・武豊との関係だ。2人は親友といえるほど仲が良いとされ、木梨は旅番組の企画で武宅を訪問したこともある。

「武は木梨とのつながりから、『みなおか』でも『食わず嫌い王決定戦』『男気じゃんけん』をはじめ、たびたび番組に出演してきた。ジョッキーとしてではない、武の素顔を引き出せる存在として木梨は貴重です。これまで水谷との旅番組が3回放送されて好評を博していますが、武との番組が作れるのなら、木梨を厚遇するテレビ局はあるかもしれませんね」(同)

 芸能界に生き残るには、もう“W豊”に寄生するしかない?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年1月号

禁断のマンガ大全

禁断のマンガ大全
    • 現役【マンガ編集者】座談会
    • 残虐化【ヤンキーマンガ】新潮流
    • 【今日から俺は!!】トンデモVシネマ
    • 【マーベル】スタン・リーの光と影
    • 【スタン・リー】と日本の関係
    • 万歳!【愛国/排外】マンガの変遷
    • マンガ【艦隊シリーズ】の歴史修正
    • 【さくらももこ】の死生観
    • 【セックスフラペチーノ】コジコジ愛
    • マンガの【ヒップホップ】描写
    • この【中東マンガ】がアツい!2018
    • 間違いだらけの【中東描写】
    • 急成長を遂げる【海外マンガ】
    • 【アルジェリア】のマンガ
    • いま、【歴史学習まんが】が面白い
    • 【伝記まんが】の流行はアノ人!
    • 【福祉問題】を知るマンガ11選
    • 【都条例】に狙われるBLの中身
    • この【不健全BL】がやばい!
    • マンガ家【超高齢化】の哀楽

Fカップ平嶋夏海、罪で"H"なマンガ

Fカップ平嶋夏海、罪で
    • 【平嶋夏海】元AKB大胆セクシー

NEWS SOURCE

    • 内部告発が噴出【エイベックス】
    • 【みずほ銀行】の負の遺産
    • 【リーディングミュージアム】の顛末

インタビュー

    • 【岡田結実】母から教わった家庭内ルール
    • 【折坂悠太】平成最後の傑物が平成を歌う
    • 【祭nine.】ボイメン弟分が芸能界の荒波に挑む

連載

    • 【岸明日香】陰キャなんです。
    • 【山崎真実】お歳暮のハムになる
    • 【恭子】のキスを数えましょう
    • 【AIとブロックチェーン】が「個人の時代」を実現!?
    • 【貴乃花】が政界進出へ足固め?
    • イッテQの【祭りの捏造】は悪か?
    • 中国から【現金を消滅】させた企業の正体
    • EDM教祖は極左翼!越境しまくる【アオキさん】
    • 町山智浩/『グリーンブック』
    • 【北方領土問題】と日露の思惑
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/He is gone.
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【椎名林檎】いつまでもメンヘラ女に夢を見るな
    • スラッシュの息子がバンド結成!「クラスレス・アクト」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【野生酵母】でビールを造る伝説のパン屋さん
    • 【ポルノ雑誌】と呼ばれても…
    • 幽霊、美少女たちの箱庭と4コマ史。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』