サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第42回【エンジニア】を使い捨てする日本の現実
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第42回

【クロサカタツヤ×力武健次】エンジニアを使い捨てにする日本は、すでにAI後進国という現実

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

【クロサカタツヤ×力武健次】エンジニアを使い捨てにする日本は、すでにAI後進国という現実の画像1
IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果〈給与・報酬に対する満足度〉出典:2016年6月10日 経済産業省

ITが生活の中で浸透し、いよいよAI時代に入ろうとしている昨今。しかし、日本国内ではこれだけITがインフラ化しているにもかかわらず、そうした技術への一般的な知識も乏しく、法整備さえままならない状態だ。その証拠として、エンジニアの地位の低さが挙げられているが……。日本のインターネット黎明期から、ソフトウェア・エンジニアとして活躍していた技術士、力武健次さんにお話を聞いた。

クロサカ 力武さんは、インターネットの黎明期からネットワークやセキュリティ、さらにはプログラミング言語の構造にも明るい凄腕エンジニアとして、企業や研究機関、大学などさまざまなフィールドで活躍されてきた大先輩です。僕はAIに関する仕事をするようになってから、技術が社会に与える影響と、そこでエンジニアが果たすべき役割について、より深く考えるようになりました。まず力武さんはエンジニアの現状をどうお考えですか?

力武 エンジニアにもいろいろありますが、ソフトウェア・エンジニアって、どちらかというとアーティストに近いんですよ。要するに、自分が作りたいものを結構自由に作ることができるんです。同じエンジニアと呼ばれる人でも、建設業では法律が厳しく、それに反するものは作れません。他の業種でも規制はあって、それらと比べるとソフトウェアは緩いんですね。

クロサカ 確かにソフトウェアそのものを規制する法律って、少ないですよね。

力武 これまでは緩いほうがよいという価値観が強くて、規制に反対する人が多かった。だけど、先日WannaCry【1】というランサムウェア【2】が世界中で猛威を振るったように、ソフトウェアによって引き起こされる影響がとてつもなく大きくなった。だから、これからソフトに関する規制は厳しくなっていくでしょう。

クロサカ IT業界では、法律ギリギリのところを突いたサービスが急成長することがあります。だから、プライバシーやセキュリティはようやく「対応せざるを得ないか」という気分になっても、さらにその先の倫理となると理解どころか笑われてしまう。

力武 私は技術士【3】という国家資格を頂いているのですが、技術士法には義務として「公共の安全、環境の保全その他の公益を害することのないよう努めなければならない」とあります。罰則規定はないですが、今のソフトウェアエンジニアが、どのくらい公益に寄与しているかというと、失礼な言い方になるかもしれませんが、疑問符がつく人はいる。

クロサカ エンジニアではない人間が、技術的なことについて、否定するのは難しいことを利用して、自らを正当化したり、自分たちに利益誘導したりする人も、たまにいますね。合理的な経済主体が利益を追求するのは当たり前ですが、行きすぎると社会全体にとって不幸です。

力武 例えば投資家だったら、投資先との関係など自分の立場を明らかにして発言しますよね。エンジニアもそれと同じことが求められる。

クロサカ 仮にエンジニアが「オレたちが作らなかったら、おまえら何も使えないぞ」ということをユーザーに突きつけるようでは、それは横暴な権力者に過ぎないですよね。そう言われたら、ユーザーも「じゃあ使わなくていいよ」という気持ちになりかねない。そういう不幸な対立がちらほら起きているような気がします。

力武 私が大学の研究職を辞めた理由のひとつがそれです。福島第1原発の事故後、多くの人が学者に対して、学者であるという理由だけで罵声を浴びせた。鬱積していたものもあるのでしょうが、それを目の当たりにして、嫌になった。そして、同じことがソフトウェア・エンジニアに対して起こらないとは、まったく言えないですよ。

クロサカ スマホが使えない私の両親でさえ、世の中からITがなくなったら生きていけません。ソフトウェア・エンジニアの社会的責任は、もう逃れられないはず。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』