>   > 【箭内夢菜】ポカリガールで注目の美少女、オフィス街に降臨
インタビュー
絶対にクる!次世代モデルの新しい風

【箭内夢菜】ポカリガールで注目の美少女、オフィス街に降臨

+お気に入りに追加
サイゾープレミアが100円で読める!!

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

『福島美少女図鑑』で紹介された16歳──。子どものころからモデルに憧れた少女は今、夢に続く階段を上り始めたばかり。

【箭内夢菜】ポカリガールで注目の美少女 オフィス街に降臨の画像1
(写真/小濱晴海)

 白いワンピースを初夏の風になびかせた美少女が現れると、殺伐としたコンクリートジャングルがいつの間にかオアシスに変わる。「ミスセブンティーン2016」のファイナリスト進出をきっかけに芸能界に飛び込んだ弱冠16歳・箭内夢菜は、今、もっとも注目したいモデルだ。業界内で「絶対にクル!」「この子はヤバイ」といった噂が飛び交う彼女に会った途端、その姿に息を呑んだ。

 地元・郡山で小学生の頃からファッションモデルの世界に憧れ、「Seventeen」(集英社)などのファッション誌を読みあさってきたという箭内。今でも、ポージングやファッションの研究に余念がない。家庭の方針により、SNSやブログは使用禁止。その代わり、雑誌や本を熟読し、たゆまぬ努力を続けているという。

「雑誌を読んだり、撮影のお仕事を始めていくうちに、どういうポーズを取ったらスラッと見えるのか、どういう表情なら魅力的に見えるのかを常に考えながら臨むようになって。でも、カメラマンさんから『好きなポーズをしていいよ』って言われたら、そのとき吹いた風に合わせますね(笑)」

 さらりと語るモデルとしての哲学は、あたかも「風に吹かれて」を歌ったボブ・ディランを彷彿とさせる。

 彼女を一躍全国区にしたのが、東京マラソンに出場する選手たちを応援する『ポカリガール』のお仕事。爽やかな青い制服を身に着けてあどけなく笑う彼女の姿は、ランナーのみならず、地元福島でも高評価だったという。

「友だちもいっぱい見てくれて、『めっちゃダッシュしてたね~』と喜んでくれたし、おばあちゃんなんて、CMを見て泣いてしまったんですよ」

 東京マラソンの感動の裏で、福島では、孫娘のサクセスに感極まった涙が流されていたようだ。

 天から与えらしその透明感と、それにあぐらをかかない向上心を併せ持つ完璧な美少女は、現在も地元福島と東京を行き来しながら活動を行っている。地元では4人兄妹の一番上として妹や弟の世話をし、東京では稀代の美少女として万人を魅了しているのだ。

 誰か、彼女の欠点を教えてくれないだろうか。

(文/萩原雄太・かもめマシーン)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

箭内夢菜(やない・ゆめな)
2000年、福島県出身。ミスセブンティーン2016のファイナリストに選出されたことをきっかけに、芸能活動を開始。『福島美少女図鑑』の表紙や、2代目「ポカリガール」に選出、またフラチナリズム「帰っておいで」のMVなどに出演する。

サイゾープレミアが100円で読める!!

Recommended by logly
サイゾープレミアが100円で読める!!!!!!

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載