サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > ヒップホップの筋肉史【1】/【AK-69】らが語るラップと筋肉

――米ヒップホップ・シーンにおける筋肉の存在は、男らしさを誇示する一方で、ホモフォビアも深く関係してきたといわれている。近年では、ここ日本でも鍛え抜かれた肉体を披露するラッパーやDJが増えた。しかし、その背景にある理由は海外と異なる。本企画ではヒップホップの“筋肉史”を多角的に検証する。

AK-69・FILLMORE・般若の鍛え抜かれたトリオが参戦!ヒップホップにおけるマッチョイズムの歴史と変遷の画像1
(写真/cherry chill will)

 さまざまなスタイルで自らの力を誇示するヒップホップというアートフォーム。アメリカのシーンではその力の象徴として、“筋肉”は昔から切っても切れない存在であったが、近年その流れはようやく日本のヒップホップシーンにも定着しつつある。今回、日本のヒップホップ・シーンの筋肉コミュニティを代表する存在である般若とAK-69、俳優の金子賢が主催する肉体美を審査するコンテスト『SUMMER STYLE AWARD』にて2015年から2連覇を果たしたFILLMOREという豪華なメンツに集まってもらい、座談会を決行。普段であれば音楽談義で集結すべき3人だが、今回のテーマはもちろん“筋肉”だ。本稿では「ヒップホップとマッチョイズム」の関係性を探ると共に、彼らが鍛える理由を掘り下げてみた。また、筋肉・トレーニングを前面に押し出したラッパーとしては第一人者であるYoung Hastleには筋肉グルメを披露してもらい、最後には海外シーンにおけるヒップホップとマッチョイズムの流れについても深く考察したい。

──まず最初に、それぞれ体を鍛えるようになったきっかけを教えてください。

FILLMORE 小さい頃にネガティブな生活を送っていて。下を向いて歩いてしまってたり、「このままだと、周りにやられてしまう」って経験があって、その状況を打破するきっかけになったのがトレーニングでした。

AK-69(以下、AK) 俺の場合は、当時お世話になっていた社長さんが通っていた名古屋のアングラで超ハードコアなボディビル・ジムがあって、そこで鍛えるようになったのが始まりですね。

般若 まあ、セックスのためって言いたいんですけど……(笑)、真面目に答えると、すべてはライブパフォーマンスのためです。昔から筋トレはしてたんですけど、全然筋肉がつかなくて。30歳のときのワンマンライブ前に、「それまでに鍛えられなかったらヤメよう」って思って続けていたら、こうなりました。

AK ライブのため、っていうのは大きい。トレーニングを始めた頃って、筋肉をデカくすることしか考えてなかったけど、それだとステージの上で息切れしちゃうんですよ。筋肉を付けるだけでも相当なことだけど、やっぱり“動ける筋肉”が大事なんですよね。今は食事も生活のリズムも全部含め、すべてはステージのためにトレーニングがあるっていう感じです。

──「動ける筋肉と、見せる筋肉は違う」ということですね。

般若 筋肉をつけるだけなら、誰でもできると思う。それでライブもこなせるのなら、俺もAKもそうしてる。けど、こっちは1時間以上のライブを見越した上でトレーニングしてるんで。けど、トレーニングに正解はないので、その人の向かう方向が一番の正解だと思う。

──FILLMOREさんの場合は“見せる筋肉”のほうですよね。

FILLMORE ですね。僕はDJなので心肺機能とかは関係なくて、格好よくありたかったんです。極端に言ってしまえば、格好いい人から「この曲、いいよ」って勧められるのと、そうじゃない人から勧められるのでは、曲の受け入れ方も変わってくるんじゃないかなって。なので、常に見た目にこだわってますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』