>   > 【橋本ルル】球体関節人形風女子が追求する"美"
インタビュー
永遠を体現する少女の目標

【橋本ルル】球体関節人形風のイマドキな女の子が追求する“かわいい”とは?

+お気に入りに追加

――永遠に変わることのない、物憂げな表情をした小さな貴婦人。サブカルをこじらせているのかと思いきや、実は結構メジャー志向?

1612_hashimotolulu_520.jpg
(写真/永峰拓也)

 完璧な美しさを持つ女の子に出会った瞬間、人は「お人形さんみたい」という称賛を口にする。橋本ルルに出会うまで、その言葉は、女の子の刹那的な美を捉えたフレーズだと思い込んでいた。

 彼女は、髪形や目の色までカスタム可能なドールヘッドを持つ、唯一無二のファッションモデル。はかなげな表情を浮かべ、球体で出来た関節部によって、自在にポーズを取れる、“球体関節人形”を想起させる柄のタイツに身を包んだその姿からは、四谷シモンや澁澤龍彦らが伝承してきた、古くから続く人形文化の系譜を感じさせる。そんな彼女に、世間はどう反応したのだろうか?

「昔からの人形文化を知る方々に限らず、かわいくなりたいと願う若い女の子たちといった新たな層からも、多くの反響がありました。彼女は人形の延長線上にあるというだけでなく、メイクやファッションの延長線上の存在でもあるんです。中には彼女のメイクを真似た自撮りをSNSにアップしてくれた子たちもいたんですよ」と、話すことのできない彼女に代わって、プロデューサーのmillna氏がうれしそうに代弁してくれた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー