>   >   > 【MVNO】による新しいビジネスの可能性
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第26回

【クロサカタツヤ×佐藤毅】MVNOは「格安スマホ」じゃない!? IoT時代の通信の未来を中の人が激白

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1603_kurosaka_01.jpg
MVNOサービス契約数の推移 出展:総務省↑画像をクリックすると拡大します。

――スマホの月額料金を抑える“裏技”として広く知られるようになったMVNO。「格安SIM」や「格安スマホ」なんて呼ばれ方で、ニュースや雑誌の見出しを飾ることが増えている。月額1000円を切るような値付けは、とても魅力的なのは間違いない。でも、実は「MVNOの可能性はそれだけじゃない」と“中の人”は考えているのだ。スマホでネットをするのは確かに楽しくて便利だけど、通信とかネットワークは、僕らの生活とか社会の仕組みとかをもっと便利で快適にしてくれるはず。そのためには、いろいろなビジネスがどうなっているかじっくり考え、それと通信をどう組み合わせればよいのか、アイデアこそが大切だ。そんなふうにMVNOによる新しいビジネスの可能性をMVNOの“中の人”ケイ・オプティコムの佐藤毅さんと一緒に考えてみた。

クロサカ ここ数年でMVNO【1】がずいぶんメジャーになりました。ドコモやauなどのMNO【2】から回線を仕入れて、独自の料金プランや通信サービスを提供する事業者のことです。そこで今回は、mineo(マイネオ)【3】ブランドでMVNOを展開するケイ・オプティコムの佐藤毅さんをお迎えしました。佐藤さんは、今のMVNOをどうとらえていますか。

佐藤 MVNOは、メディアで格安SIM、格安スマホ【4】と呼ばれることが多いんですが、僕はそうネーミングされてしまったのがとても残念です。わかりやすく伝えるためということはわかるのですが、果たして格安SIMというのが最適な言い換えなのかな、と。

クロサカ デフレ時代において、格安というのは正義でしたから、格安SIM、格安スマホという名前は消費者に強くアピールしましたよね。

佐藤 日本には言霊という言葉があって、口にする言葉の通りになるという考え方があります。だからネーミングというのはものすごく大事なんです。例えばほかの業界でMVNOに相当するものって、航空業界のローコストキャリア(LCC)がありますが、あれは余計なものを削ってコストを抑えている「ローコスト」であって「ロープライス」ではない。その意味では、MVNOもロープライスではなくてローコストであって、だからこそ柔軟に料金設定できることに意義があるはずです。

クロサカ 単に「安かろう悪かろう」ではなく、事業者側の企業努力によって、新しい付加価値が生まれるはずだ、ということですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」