サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > "20代働く女"は中二病!? 小さなオフ...

2012年2月号 COMICクロスレビュー

■手練が描く、恋とオシャレとお仕事と

1202_realclothes.jpg

『Real Clothes』(13巻)
作/槇村さとる
掲載/「YOU」(集英社)
価格/440円 発行日/11月18日
優秀さを買われて婦人服売り場に異動になった百貨店社員の絹江。そこには、仕事の鬼で服バカの田渕課長、特別サロンを仕切り数時間で1000万円を売る神保部長など、アクの強い面々が集まっていた。洋服愛に目覚め、仕事にも邁進する絹江は、婚約者と別れることに。やがて田渕との関係に少しずつ変化が……。ドラマ化もされた人気作が完結。

【ライター・高野評】
★★★★★☆☆☆☆☆
洋服が可愛くないという致命的欠点
まず洋服が可愛くない。全然リアルではない。もちろんファッションはこの物語(ワーキング・ロマン)のギミックでしかない。わかってはいるが、やっぱり「テーマは仕事ですから」とフォローしなければならないような描写では、少女マンガとしての輝きは半減してしまう。しかし読後の高揚感はさすがで、個人的にはアリ。問題は、こういう前向きな「お仕事マンガ」を描ける人が、1979年生まれの主人公世代以降に少ないことなのかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』