>   > 野性爆弾、鳥居みゆきも目じゃない! テレ...

――お笑いブーム以後、これまでならテレビでは見られなかったカルト芸人も数多くメディアに進出している。だが、本当にディープで危険な笑いは、いまだテレビで目にすることはできない。カルト芸人の歴史を紐解きつつ、その存在意義を探ってみた──。

1106_warainoseisen.jpg
今年1月末に発売されたカルト芸人をアーカイブ化した「笑いの聖戦」(スコラムック)。カルト芸人53組のネタが見られるDVD付き。今回の特集でも参考にさせてもらいました!

 今年1月、人気番組『アメトーーク!』(テレビ朝日)の企画プレゼン大会で、"鳥居みゆき"が「地下芸人」を発表した。鳥居が番組に呼びたい芸人として名前を挙げたのは、"GO!ヒロミ44"、"脳みそ夫"、"汗かきジジイ"など、不穏な響きの芸名ばかり。普段、地上波でその姿を拝むことのない芸人が高視聴率番組の中でその名を轟かせた瞬間だった。

 また、話の流れとは関係ない支離滅裂なボケを挟みこんだネタを繰り広げ、「面白いがテレビ的にはヤバすぎて売れることはない」と認識されていた吉本興業所属の"野性爆弾"がテレビでブレイクを果たしたり、アングラ芸人を特集したムック本が発売されるなど、これまでカルト的な扱いを受けてきた芸人がスポットを浴びる機会が増えている。

 地下芸人、アングラ芸人とも呼ばれる「カルト芸人」に正確な定義があるわけではない。あえて挙げるなら、「舞台中心で一般のファンには受け入れがたい芸風」で、「常識に従わない言動が強い中毒性を持つ」という共通項を持つということだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学
    • 【プレミア写真集】の市場原理
    • 【天野礼那】脱ぐには抵抗あったんです
    • 【坪井ミサト】初めて打ったんです
    • 【田中あさみ】"ペット"がいっぱいです
    • 【筋肉】と写真の美学
    • 【筋トレ】という自己啓発
    • 【合法ロリ】写真集を堪能せよ!
    • 【グラビアタブー】の正体
    • グラビアとしての【政治家公式写真】
    • 【美人議員】ランキング
    • 【篠山紀信】は本当にスゴいのか?
    • 【グラビアカメラマン】名鑑
    • 【グラビアポエム】って誰が作ってるの?
    • 【ベストポエム】セレクション
    • 【キャンギャル】を歴史的に考察
    • 【アー写】で決まる表現者の価値
    • 定番【アー写】のパターンを研究
    • 【ジャニーズ】のモデルとしての実力
    • 【光と色】で変わる写真の視覚効果
    • アイドル【慰問雑誌】の中身

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】映画、撮りたいんです。
    • 【根本凪】Gカップの危機一髪
    • ぼくがマギーを応援する
    • ビジネスプロセス自動化が【日本的非効率労働】をなくす
    • 【ユーザーエクスペリエンス】が日本社会を変える!?
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【風水】にハマる人々に戦々恐々
    • 太鼓と肉体美の不思議な関係
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『逃げるは恥だが役に立つ』
    • 【ジョージ・マイケル】寡作、天才、いろいろ少数派
    • 【カジノ法案】がダメな本当の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・黄靖翔
    • 【ネット炎上】がなくならない理由
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/アパホテル 帽子物語
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【東京ラブストーリー】赤名リカの呪い
    • 磯部涼の「川崎」
    • スレスレの快感【マッサージクラブ】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』