> 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第44回

日本経済が停滞する理由と助成がもたらす産業的悪影響【前編】

―― ──アメリカに端を発した一連の金融危機は"底"を脱したのか、2007年から11年までの各国の経済成長は回復傾向にあるという。だが、アジア新興国が成長するのは当然のことだとしても、リーマンショックを経験...

日本経済が停滞する理由と助成がもたらす産業的悪影響【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第43回

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら 2桁台の伸び率を維持する中国の軍事力とその抑制 神保 稲嶺氏・仲井眞氏はもともと沖縄の財界人ですから、経済界を代弁して発言しているところもありそうですね。それにしても、沖...

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第43回

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【中編】

―― 前編はこちら ほとんど語られない米兵と地元住民のつながり 神保 "沖縄側"といっても知事が提示したわけではなく、主体は「沖縄県防衛協会北部支部」とあります。土建業者が中心の民間の団体であり、アメリカ側...

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第43回

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【前編】

―― ──「最低でも県外」と鳩山由紀夫首相(当時)が公言してきた米海兵隊の普天間飛行場の移設先は、結局、辺野古に落ち着いた。この決定に強い反対の意思を見せた社民党・福島瑞穂消費担当相は罷免され、その後、鳩山...

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第42回

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら "職業議員"らが潰す地域活性化の芽とは? 神保 なるほど。では、河村さんが地域委員会にこだわる理由についても聞かせてください。 河村 国政を見ていると、地域主権も道州制も...

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第42回

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【中編】

―― 前編はこちら 日本初の減税措置と地方議員の既得権益 神保 それでは、議員定数の削減についてはいかがでしょうか。議員を少なくすると、各議員の負担が増えるという声もありますが、非営利の政策シンクタンク「構...

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第42回

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【前編】

―― ──国会議員時代には、民主党代表選において、推薦人を確保できず立候補断念を繰り返したかと思えば、昨年4月には歴代最多得票で当選し、名古屋市長に就任するなど、なにかと政界の注目を集める河村たかし氏。そん...

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第41回

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら 検察は、刑事事件の真相を解明することができるのか? 宮台 おもしろいですね。安部さんのケースでは、社会学でいう「帰属処理」が行われています。つまり、人々が事件の不透明さに悩...

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第41回

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【中編】

―― 前編はこちら 国民のカタルシスとして作用する社会の敵のつくり方 神保 しかし、そのようなイメージのレベルで、事件にかかわる報道がガラっと変わるというのも困ったものですね。さて、検面調書の内容と、法廷で...

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第41回

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【前編】

―― ──ロス疑惑の三浦和義、薬害エイズの安部英、さらには武富士の武井保雄やライブドアの堀江貴文ら"時代の人"から、中森明菜や叶姉妹といった"お騒がせ芸能人"まで、そうそうたるメンバーの代理人を務めてきたの...

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第40回

トヨタのリコール問題を契機に「責任」の法文化を再考する【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら 日米間で露呈した深い感覚のズレ 神保 一連の問題を振り返ると、昨年8月にアメリカで、フロアマットの問題が浮上しました。トヨタ自動車は当初、「純正品のフロアマットを使用してい...

トヨタのリコール問題を契機に「責任」の法文化を再考する【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第40回

トヨタのリコール問題を契機に「責任」の法文化を再考する【中編】

―― 前編はこちら "トヨタの安全神話"は 本当に揺らいだのか? 神保 なるほど。そんな中で、今回トヨタ自動車が取ったリコールという措置は、果たして正しかったのでしょうか。日本においては、企業が製品に対し...

トヨタのリコール問題を契機に「責任」の法文化を再考する【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第40回

トヨタのリコール問題を契機に「責任」の法文化を再考する【前編】

―― ──昨年11月、トヨタは、フロアマットが外れてアクセルペダルが戻せなくなる恐れがあるとして、米運輸省高速道路交通安全局にリコールを届け出ることを発表した。予定されているリコール対象車数は約500万台と...

トヨタのリコール問題を契機に「責任」の法文化を再考する【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第39回

"映画と娯楽"を超えた芸術 ドキュメンタリー番組の批評性【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら テレビジャーナリズムの限界と放送ビジネス 神保 僕がビデオジャーナリズムを始め、結果的にインターネット放送にまで行き着いたのは、自分が真剣に取材したものを報道する場所が、も...

連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第39回

"映画と娯楽"を超えた芸術 ドキュメンタリー番組の批評性【中編】

―― 前編はこちら テレビマンユニオンが先鞭をつけた"報道"番組 『空気人形』09年カンヌ国際映画祭で絶賛された、マンガ家・業田良家原作による是枝監督の最新作。 是枝 心を持つことが、必ずしもポジティブなこ...

サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

NEWS SOURCE

    • 相次ぐ【ラッパー】薬物逮捕の嘘
    • 【渡辺謙】ハズキルーペCM起用の怪
    • 【RADWIMPS】HINOMARU騒動の裏事情

インタビュー

    • 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
    • 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
    • 【野口健】死による生への執着について

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』