> 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第45回

民主党は立ち直れるのか? 目的と理念への矛盾と打算【前編】

―― ──歴史的な政権交代から8カ月、民主党のトップや幹部らの失言や疑惑が噴出し、支持率は下落の一途をたどる中、民主党政権後、初の参議院選挙が行われた。結果は、新しく発足したみんなの党が健闘するなど、国民...

民主党は立ち直れるのか? 目的と理念への矛盾と打算【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第44回

日本経済が停滞する理由と助成がもたらす産業的悪影響【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら 国民の知る権利を守る独立メディアの必要性 神保 野口先生は産業構造の改革を訴えていますが、それに対しては「痛みが大きい」だとか、「格差が生じる」という批判もあります。 野口...

日本経済が停滞する理由と助成がもたらす産業的悪影響【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第44回

日本経済が停滞する理由と助成がもたらす産業的悪影響【中編】

―― 前編はこちら 日本製造業の再起には助成をやめて経済を廃墟に 神保 さて、08年秋に経済が落ち込んで以来、日本政府はさまざまな景気対策を打ち出してきました。例えば雇用調整助成金、定額給付金、エコカー減税...

日本経済が停滞する理由と助成がもたらす産業的悪影響【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第44回

日本経済が停滞する理由と助成がもたらす産業的悪影響【前編】

―― ──アメリカに端を発した一連の金融危機は"底"を脱したのか、2007年から11年までの各国の経済成長は回復傾向にあるという。だが、アジア新興国が成長するのは当然のことだとしても、リーマンショックを経験...

日本経済が停滞する理由と助成がもたらす産業的悪影響【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第43回

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら 2桁台の伸び率を維持する中国の軍事力とその抑制 神保 稲嶺氏・仲井眞氏はもともと沖縄の財界人ですから、経済界を代弁して発言しているところもありそうですね。それにしても、沖...

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第43回

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【中編】

―― 前編はこちら ほとんど語られない米兵と地元住民のつながり 神保 "沖縄側"といっても知事が提示したわけではなく、主体は「沖縄県防衛協会北部支部」とあります。土建業者が中心の民間の団体であり、アメリカ側...

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第43回

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【前編】

―― ──「最低でも県外」と鳩山由紀夫首相(当時)が公言してきた米海兵隊の普天間飛行場の移設先は、結局、辺野古に落ち着いた。この決定に強い反対の意思を見せた社民党・福島瑞穂消費担当相は罷免され、その後、鳩山...

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第42回

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら "職業議員"らが潰す地域活性化の芽とは? 神保 なるほど。では、河村さんが地域委員会にこだわる理由についても聞かせてください。 河村 国政を見ていると、地域主権も道州制も...

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第42回

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【中編】

―― 前編はこちら 日本初の減税措置と地方議員の既得権益 神保 それでは、議員定数の削減についてはいかがでしょうか。議員を少なくすると、各議員の負担が増えるという声もありますが、非営利の政策シンクタンク「構...

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第42回

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【前編】

―― ──国会議員時代には、民主党代表選において、推薦人を確保できず立候補断念を繰り返したかと思えば、昨年4月には歴代最多得票で当選し、名古屋市長に就任するなど、なにかと政界の注目を集める河村たかし氏。そん...

職業政治家らが死守する既得権と地域主導化の光明【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第41回

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら 検察は、刑事事件の真相を解明することができるのか? 宮台 おもしろいですね。安部さんのケースでは、社会学でいう「帰属処理」が行われています。つまり、人々が事件の不透明さに悩...

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第41回

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【中編】

―― 前編はこちら 国民のカタルシスとして作用する社会の敵のつくり方 神保 しかし、そのようなイメージのレベルで、事件にかかわる報道がガラっと変わるというのも困ったものですね。さて、検面調書の内容と、法廷で...

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第41回

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【前編】

―― ──ロス疑惑の三浦和義、薬害エイズの安部英、さらには武富士の武井保雄やライブドアの堀江貴文ら"時代の人"から、中森明菜や叶姉妹といった"お騒がせ芸能人"まで、そうそうたるメンバーの代理人を務めてきたの...

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第40回

トヨタのリコール問題を契機に「責任」の法文化を再考する【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら 日米間で露呈した深い感覚のズレ 神保 一連の問題を振り返ると、昨年8月にアメリカで、フロアマットの問題が浮上しました。トヨタ自動車は当初、「純正品のフロアマットを使用してい...

トヨタのリコール問題を契機に「責任」の法文化を再考する【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第40回

トヨタのリコール問題を契機に「責任」の法文化を再考する【中編】

―― 前編はこちら "トヨタの安全神話"は 本当に揺らいだのか? 神保 なるほど。そんな中で、今回トヨタ自動車が取ったリコールという措置は、果たして正しかったのでしょうか。日本においては、企業が製品に対し...

トヨタのリコール問題を契機に「責任」の法文化を再考する【中編】
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

    • 【キンプリ】K-POP化の浅はかな皮算用
    • 【吉澤逮捕】で変わるモー娘。
    • 【瀬古】の横暴に振り回されるマラソン界

インタビュー

    • 【坂ノ上茜】特撮もチアもこなすブラン娘
    • 【レイザーラモンRG】あるある芸人の技と内情
    • 【松村厚久】病を跳ね飛ばす実業家の野心

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』