> イタリアの検索結果

イタリア の検索結果

第1特集
パンデミックで稼ぐ裏社会【2】

実際にはイタリア全土に蔓延っているが……テロ組織ともつながっている? イタリア4大マフィアと活動拠点

―― 日本の暴力団と同じようにマフィアにはいくつかの組織がある。ここでは、4つのイタリア・マフィアの根城や概要を説明していきたい。

実際にはイタリア全土に蔓延っているが……テロ組織ともつながっている? イタリア4大マフィアと活動拠点
第1特集
パンデミックで稼ぐ裏社会【1】

都市封鎖解除後に暗躍が始まった……!? 闇銀行や食料の施しで「貸し」を作る! アフターコロナとイタリア・マフィア

―― 新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大してしまったイタリアは、長期間にもわたる都市封鎖で相当な経済的被害を受けている。そんな中、政府に代わって、組織型犯罪集団「マフィア」による違法な融資や貧困家庭への...

都市封鎖解除後に暗躍が始まった……!? 闇銀行や食料の施しで「貸し」を作る! アフターコロナとイタリア・マフィア
第1特集
世界最大タブーはどう修正されるのか?

ブロッケンJr.が原因でフランスからアニメが淘汰された?――『ヘルシング』出版は逮捕の恐れも!ナチス描写の海外規制事情

―― 日本のマンガやアニメは世界各国に輸出されているが、国によっては法律や慣習に基づいて、一部表現に規制がかけられることもある。それは性的表現、喫煙、残虐描写などさまざまあるが、あくまでコマの一部。それでは...

ブロッケンJr.が原因でフランスからアニメが淘汰された?――『ヘルシング』出版は逮捕の恐れも!ナチス描写の海外規制事情
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【3】

イタリアだけじゃない! サッカー界・名選手たちの黒い交際と世界の八百長事件

―― 人気もあり金もあるスター選手となれば、ブラックな人たちが近寄ってくるのは避けて通れない道なのだ!【1】ディエゴ・マラドーナ[ナポリ(当時)/アルゼンチン]世界最高のスーパースターとしてサッカー界に輝か...

イタリアだけじゃない! サッカー界・名選手たちの黒い交際と世界の八百長事件
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【2】

イタリアサッカー界"腐敗"の象徴「カルチョ・スキャンダル」とはなんだ?

―― カルチョ・スキャンダルとは、06年5月に発覚したイタリアサッカー界史上最悪の八百長事件のことである。セリエAの名門サッカークラブであるユベントスの元GMであるルチアーノ・モッジらが主犯格とされ、自チー...

イタリアサッカー界
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【1】

インテル長友にも闇の手が近づいている!? マフィアとイタリアサッカー界のキケン過ぎる闇

―― 裏社会、イタリア。その2つのキーワードでまず最初に思いつくのは当然、マフィア。裏社会を牛耳る彼らは華々しいサッカー界を操る大きな存在となっている。八百長や選手・審判への脅迫、そしてクラブそのものにまで...

インテル長友にも闇の手が近づいている!? マフィアとイタリアサッカー界のキケン過ぎる闇
第2特集
プロ野球を100倍楽しむドラフト(裏)物語【5】

台湾、韓国、キューバ、イタリア......「完全ウェーバー方式は万能じゃない! 海外4リーグが抱える病巣」

―― ──日本のドラフト制度は、巨人の一党独裁のもとに振り回されて異様な変遷を遂げてき...

台湾、韓国、キューバ、イタリア......「完全ウェーバー方式は万能じゃない! 海外4リーグが抱える病巣」
第1特集
イタリア・マフィアの社会的存在意義【2】

巨匠の出世作からアカデミー賞受賞作まで──映画評論家・山田吐論が選ぶ"マフィアをよく知るための映画8選"

―― ──当特集【1】では、イタリア・マフィアの歴史を中心に、裏経済への影響や権力者と...

巨匠の出世作からアカデミー賞受賞作まで──映画評論家・山田吐論が選ぶ
第1特集
イタリア・マフィアの社会的存在意義【1】

世界最強裏組織"イタリア・マフィア"崩壊の序章!? 裏切りが横行し、大物逮捕が続出

―― ──近年、内部からの情報提供により、イタリア・マフィアの大物が立て続けに逮捕され...

世界最強裏組織
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』