> イタリアの検索結果

イタリア の検索結果

第1特集
世界最大タブーはどう修正されるのか?

ブロッケンJr.が原因でフランスからアニメが淘汰された?――『ヘルシング』出版は逮捕の恐れも!ナチス描写の海外規制事情

―― 日本のマンガやアニメは世界各国に輸出されているが、国によっては法律や慣習に基づいて、一部表現に規制がかけられることもある。それは性的表現、喫煙、残虐描写などさまざまあるが、あくまでコマの一部。それでは...

ブロッケンJr.が原因でフランスからアニメが淘汰された?――『ヘルシング』出版は逮捕の恐れも!ナチス描写の海外規制事情
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【3】

イタリアだけじゃない! サッカー界・名選手たちの黒い交際と世界の八百長事件

―― 人気もあり金もあるスター選手となれば、ブラックな人たちが近寄ってくるのは避けて通れない道なのだ!【1】ディエゴ・マラドーナ[ナポリ(当時)/アルゼンチン]世界最高のスーパースターとしてサッカー界に輝か...

イタリアだけじゃない! サッカー界・名選手たちの黒い交際と世界の八百長事件
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【2】

イタリアサッカー界"腐敗"の象徴「カルチョ・スキャンダル」とはなんだ?

―― カルチョ・スキャンダルとは、06年5月に発覚したイタリアサッカー界史上最悪の八百長事件のことである。セリエAの名門サッカークラブであるユベントスの元GMであるルチアーノ・モッジらが主犯格とされ、自チー...

イタリアサッカー界
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【1】

インテル長友にも闇の手が近づいている!? マフィアとイタリアサッカー界のキケン過ぎる闇

―― 裏社会、イタリア。その2つのキーワードでまず最初に思いつくのは当然、マフィア。裏社会を牛耳る彼らは華々しいサッカー界を操る大きな存在となっている。八百長や選手・審判への脅迫、そしてクラブそのものにまで...

インテル長友にも闇の手が近づいている!? マフィアとイタリアサッカー界のキケン過ぎる闇
第2特集
プロ野球を100倍楽しむドラフト(裏)物語【5】

台湾、韓国、キューバ、イタリア......「完全ウェーバー方式は万能じゃない! 海外4リーグが抱える病巣」

―― ──日本のドラフト制度は、巨人の一党独裁のもとに振り回されて異様な変遷を遂げてき...

台湾、韓国、キューバ、イタリア......「完全ウェーバー方式は万能じゃない! 海外4リーグが抱える病巣」
第1特集
イタリア・マフィアの社会的存在意義【2】

巨匠の出世作からアカデミー賞受賞作まで──映画評論家・山田吐論が選ぶ"マフィアをよく知るための映画8選"

―― ──当特集【1】では、イタリア・マフィアの歴史を中心に、裏経済への影響や権力者と...

巨匠の出世作からアカデミー賞受賞作まで──映画評論家・山田吐論が選ぶ
第1特集
イタリア・マフィアの社会的存在意義【1】

世界最強裏組織"イタリア・マフィア"崩壊の序章!? 裏切りが横行し、大物逮捕が続出

―― ──近年、内部からの情報提供により、イタリア・マフィアの大物が立て続けに逮捕され...

世界最強裏組織
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』