サイゾーpremium  > インタビュー  > 【高砂ミドリ】あの女スパイが降臨!?
インタビュー
P様の匣

【高砂ミドリ】『BOND60 007 4kレストア』10作品が全国公開で、あの女スパイが降臨!?

+お気に入りに追加

――タイトな黒のドレスを振り乱し、銃を構える「007」風女スパイ。凛とした視線でセクシーな魅力マシマシ! でも映画の趣味は意外にも……!?

2311_230822-Cyzo-Takasago-282-v2_520.jpg
(写真/木下智央)

9月22日から4Kレストア版「007」10作品が、全国順次公開されることを記念し、“女スパイ”に扮したのはグラドルの高砂ミドリ。今回の撮影を振り返ると……。

「“強い女性”みたいなイメージの撮影が新鮮で楽しかったです! 普段はもっと露出が多めの撮影が多いんですけど、ドレスもとても素敵でした(笑)」

今号の特集はズバリ“映画”とのことで好きな映画を聞くと、マーティン・スコセッシ監督の『グッドフェローズ』を一番に挙げる。

「邦画だと任侠映画が好きで、着信音は『仁義なき戦い』のテーマにしています。正直に言うと『007』シリーズはちゃんと観たことがなくて……ごめんなさい(笑)。

でも、今回の撮影のために歴代ボンドガールについても調べました。いい機会なので、ちゃんと初代ジェームズ・ボンドから、ショーン・コネリーさんの作品から観たいです!」

ダニエル・クレイグ演じる硬派なボンドも人気な一方、やはりジェームズ・ボンドといえば、初期のプレイボーイなキャラも魅力的。高砂さん的にはそういう男性ってアリですか?

「え、そうなんですか? 信用ならんですね(笑)。私は絶対に引っかかりません! でも、口説き上手なケレン味も男性の魅力のひとつだと思いますし、他人のそういう色恋を見聞きするのは大好物なので、ちょっとチャラいジェームズ・ボンドも見たいです(笑)」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2024年8月号

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ