サイゾーpremium  > インタビュー  > 【能條愛未】乃木坂46から演劇界になくてはならない存在へ

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――ハードスケジュールもなんのその。演劇界になくてはならない存在へと駆け上がる!

2109_0Z8A0965_520.jpeg
(写真/宮下祐介)

乃木坂46を2018年に卒業後、数々の舞台演劇に出演を続ける俳優・能條愛未。乃木坂46は演劇界で活躍する俳優を多く輩出するグループだが、その中でも彼女のフレキシブルな演技力や出演作の幅広さは際立っている。

そんな能條の芝居への志向は、すでに幼少期から芽生えていたという。

「本当にもう、物心ついた頃から、ミュージカルや舞台を見るのが大好きだったんですよね。自分自身も舞台に立つ人になるために、歌やダンス、芝居は小さいときから始めていて、気づいたらこの世界にいたという感じです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年12月号

純度100%の片寄涼太グラビア

純度100%の片寄涼太グラビア

NEWS SOURCE