サイゾーpremium  > インタビュー  > 【岩井志麻子】ヒョウ柄衣装の作家と「バカ映画の巨匠」
インタビュー
ヒョウ柄宇宙人襲来?

【岩井志麻子】芸術家と詐欺師は紙一重――全身ヒョウ柄衣装の作家が語る「バカ映画の巨匠」の魅力

+お気に入りに追加

――『有吉反省会』(日本テレビ系)でもおなじみの「エロくて変なオバちゃん」こと、作家の岩井志麻子が、ヒョウの宇宙人役で「特撮ラブコメディ映画」に出演!?

2009_P024-025_img001_520.jpg
(写真/岩澤高雄・The VOICE)

 文筆業に加え、『5時に夢中!』(TOKYO MX)などでコメンテーターやバラエティタレントとしてマルチに活躍している岩井志麻子氏。普段からヒョウ柄ファッションを愛用しているとはいえ、約7年ぶりのサイゾー登場がこんな異様ないでたちなのは、河崎実監督の最新作『メグ・ライオン』に、“パンサー星人”役で出演しているからだ。

「だいたい河崎監督の作品では“パンダ星人”とか、宇宙人みたいな役が多くて。“パンサー星人”も『干支天使チアラット外伝 シャノワールの復讐』(18年)で演じたキャラの流用なんですよ」

“バカ映画”の巨匠としてカルト的人気を誇り、キャスティングの妙で知られる河崎監督だが、一方の岩井氏も役者のオファーは基本より好みしないそうで、ここ5年ほどですっかり“河崎組”の一員となったらしい。

「今回の映画もいつもの河崎監督ですけど、本当に偉いなって思いますよ。やっぱり、何事も継続ってすごいことで、なんだかんだいっても続けられるのは才能と需要があるということですから。しみじみ、ファンよりもマニアをつかんだほうが食いっぱぐれないなと。ファンは気まぐれだけど、マニアはどこまでもついてきてくれるんで。マニアがあまり多いとメジャーになれないという、痛しかゆしな面もあるんですけどね。本当に河崎監督も、どこから金が出てきて誰が撮らせているのか」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs
    • 日本で【SDGs一大ブーム】の理由
    • SDGsの【17項目】のおさらい
    • SDGsを推し進めるのは【戦コン】?
    • 【ユニクロ】ファッションと人権問題
    • 【米中関係】から見るウイグル問題
    • 世界のサステナブル【大麻ビジネス】
    • 大麻政策のための【2030アジェンダ】
    • 【古坂大魔王】SDGs推進の内幕
    • 【SDGsソング】寸評会
    • SDGs曲【Lige goes on】制作秘話
    • 【SF思考】が世界で注目を集める理由
    • 【ジブリ】を見れば、17目標がわかる!?
    • スタジオジブリ作品の【持続可能性】
    • 【高畑勲・宮崎駿】と若手監督との違い
    • 【マーベル】の新ヒーロー像
    • 貧困に肉薄する【ドキュメンタリー】
    • 【グレタさん叩き】と日本の社会意識
    • アジェンダ21と【陰謀論】
    • SDGs関連の【国連】陰謀論

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報