サイゾーpremium  > インタビュー  > 【岩井志麻子】ヒョウ柄衣装の作家と「バカ映画の巨匠」
インタビュー
ヒョウ柄宇宙人襲来?

【岩井志麻子】芸術家と詐欺師は紙一重――全身ヒョウ柄衣装の作家が語る「バカ映画の巨匠」の魅力

+お気に入りに追加

――『有吉反省会』(日本テレビ系)でもおなじみの「エロくて変なオバちゃん」こと、作家の岩井志麻子が、ヒョウの宇宙人役で「特撮ラブコメディ映画」に出演!?

2009_P024-025_img001_520.jpg
(写真/岩澤高雄・The VOICE)

 文筆業に加え、『5時に夢中!』(TOKYO MX)などでコメンテーターやバラエティタレントとしてマルチに活躍している岩井志麻子氏。普段からヒョウ柄ファッションを愛用しているとはいえ、約7年ぶりのサイゾー登場がこんな異様ないでたちなのは、河崎実監督の最新作『メグ・ライオン』に、“パンサー星人”役で出演しているからだ。

「だいたい河崎監督の作品では“パンダ星人”とか、宇宙人みたいな役が多くて。“パンサー星人”も『干支天使チアラット外伝 シャノワールの復讐』(18年)で演じたキャラの流用なんですよ」

“バカ映画”の巨匠としてカルト的人気を誇り、キャスティングの妙で知られる河崎監督だが、一方の岩井氏も役者のオファーは基本より好みしないそうで、ここ5年ほどですっかり“河崎組”の一員となったらしい。

「今回の映画もいつもの河崎監督ですけど、本当に偉いなって思いますよ。やっぱり、何事も継続ってすごいことで、なんだかんだいっても続けられるのは才能と需要があるということですから。しみじみ、ファンよりもマニアをつかんだほうが食いっぱぐれないなと。ファンは気まぐれだけど、マニアはどこまでもついてきてくれるんで。マニアがあまり多いとメジャーになれないという、痛しかゆしな面もあるんですけどね。本当に河崎監督も、どこから金が出てきて誰が撮らせているのか」

 日本橋三越本店にて税別450万円で販売された「あなたをSFコメディ映画の主役に!」という新春福袋企画として実現した本作に関して言えば、一般女性の長谷摩美さんが出資し、自ら主演を務めた作品ということになるが……。

「長谷さんもまったく素晴らしいお金の使い方をしたと思うわ。ホストクラブに500万円使うのも楽しいけど、これは作品として残るわけですから。しかも、長谷さんまったくの素人なのに演技すごく上手ですし。

 私、過去に大神源太の『ブレイド・オブ・ザ・サン(太陽の刀)』(未公開)とか、お金持ったナルシストっぽい詐欺師が自ら主演を務める自主制作映画をいくつか見たことあるんですけど、そういう映画って、だいたい男の夢のエッセンスが詰まったベタベタなプロットなんですよ。主人公が選ばれし英雄になり、悪者退治して、最終的に美女と結ばれるという話で。金持ちのお金巻き上げる“映画詐欺グループ”でも裏にいるのかと思えるくらい、本当にそっくりなんですね。翻って『お金持ったおばちゃんを引っ掛けるには?』って考えたときに、『これ(メグ・ライオン)か!?』と思って(笑)。

 河崎監督を別に詐欺師とは言いませんけど、芸術家と詐欺師って本当に紙一重で、出演者が満足できたら、それはもう詐欺じゃないんだよな。私の息子も日本映画大学を出て、今は現場でバイトしながら夢みたいなことばかり言っているんですけど、『河崎監督みたいになってくれたら』って思うわ。大ヒットはなくても、マニアの心をつかんでずっと愛してもらえるような。すべての映画はその監督にしか撮れないものだと思いますけど、河崎監督の作品くらい『この人にしか撮れない』と思わせるものはないので、息子は目標にしてほしいですね」

 ちなみに、そんな河崎監督の次の作品は『タヌキ社長』とのことで、現在、クラウドファンディングで資金を集めているとか。

「実は河崎監督が(岩井氏が番組で共演している)中瀬ゆかりちゃんに、タヌキ社長をやってもらえんだろうかと言っていたんですけど、ゆかりちゃんは『演技力に自信がないので、残念ですが』と断っていました。ゆかりちゃんのタヌキ社長、見たかったですけどね」

(取材・文/伊藤綾)
(写真/岩澤高雄・The VOICE)

岩井志麻子(いわい・しまこ)
1964年12月5日生まれ、岡山県出身。高校在学中の82年に、「第3回小説ジュニア短編小説新人賞」に佳作入賞。99年『ぼっけえ、きょうてえ』(角川書店)が「日本ホラー小説大賞」を、2000年には「第13回山本周五郎賞」を受賞。最新刊に『業苦 忌まわ昔(弐)』(KADOKAWA) がある。

2009_meglion_02_200.jpg

『メグ・ライオン』
さえないおばさんOLの「獅戸めぐ」は、ある日の帰り道、空から出現した全裸のイケメン男・ジョナサンに「キングライオン星の王女」だと打ち明けられ、口づけによってアイドルのような美少女に大変身! しかし、めぐの秘密の力を手に入れようと、ウルトラタイガー星人の魔の手が、彼女に襲いかかり……。9月4日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサほか全国ロードショー!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ