サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 2020年に芸能界では何が起こる?【1】/【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?

――昨年はさまざまな芸能ニュースがちまたを賑わせた1年だった。芸能関係者にとっても疲労困憊だった2019年を振り返りつつ、嵐の活動休止や氷川きよしの方向転換などから見えてくる2020年の業界展望を語っていく。

2002_zadankai_01_320.jpg
2019年芸能スキャンダル大賞は間違いなく沢尻エリカの薬物逮捕だろう。今年の大河ドラマ『麒麟がくる』にキャスティングされていたが、すべて台無しに。

[座談会参加者]
A…大手芸能事務所デスク
B…中堅芸能事務所チーフマネージャー
C…中堅プロダクション広報

 ジャニー喜多川氏の逝去や、吉本興業の闇営業問題、相次ぐ薬物逮捕など昨年も多くの芸能ゴシップが世間を賑わせた。そこで今回は、芸能プロダクションで管理職を務める3名に2019年の芸能ニュースとその報道のなされ方を振り返ってもらいつつ、2020年の芸能界がどうなっていくかを語り合ってもらった。

A 去年はとにかく薬物関連の話題が目立ちました。3月にはピエール瀧さんがコカインで、5月には元KAT-TUNの田口くんが大麻で逮捕。極めつきは11月の沢尻エリカさんのMDMA所持【1】。彼女の事件がすごかったのは、逮捕前日の姿がワイドショーでバンバン流れたこと。あれには驚きましたね。

B 事務所としては、あんな隠し撮りはもちろん困るは困るけど、犯罪になっちゃうと我々もなんも言えないですよね。

A 法に触れた途端に社会的正義が一切なくなりますから。ただ、自宅への突撃取材なんかは昔のほうがすごかったじゃないですか。今はSNSでコメントを出して済んでしまうようなこともあります。

C 沢尻さんはご本人のキャラクターもありますよね。「お騒がせ」イメージがあるから、あそこまで行ってもいいだろうみたいな。

A 怖いですね(笑)。クラブで踊ってる映像もたくさん使われたじゃないですか。渋谷のWなんて、イニシャルですぐ場所わかっちゃうし。

B 一応事件を受けて、自分のところのタレントにも気をつけるようには言いましたけど、実際に所属タレントがどういう遊び方をしているかなんて正直わからないですよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』