サイゾーpremium  > インタビュー  > 【乙一】ミステリ作家が映画監督デビュー
インタビュー
気鋭のミステリー作家が撮るホラー映画

【乙一】「見どころは飯豊さんの脚です」。小説家・乙一が長編映画初監督で見た景色とは?

+お気に入りに追加

――『リング』『呪怨』の系譜を継ぐ和製ホラー映画『シライサン』を手がけた監督の正体は、ミステリー作家の乙一!? 映画にかける情熱は、小説の世界観と同じく、どこか猟奇的で……。

2001_CMYK_ARI0030_520.jpg
(写真/有高唯之)

「撮影現場では、僕がいちばん素人でしたからね。最初は役者さんの存在自体が怖くて……。なんで別人になって台詞とかしゃべれるんだろうって」

 そう語るのは、安達寛高監督。またの名を小説家・乙一。そう、『GOTH リストカット事件』『ZOO』『失はれる物語』など、ゼロ年代にベストセラーを連発し、現在も精力的に作品を発表する気鋭のミステリー作家だ。山白朝子、中田永一名義でも異ジャンルの小説を発表している稀代のストーリーテラーが映画監督に挑戦した背景には、何があったのだろうか。

「短編映画は、すでに何本か撮ったことがあるんです。というのも、昔からずっと映画を撮りたいという夢があって、大学時代は知り合いの自主映画の制作を手伝ったりもしていたんです。そのときは、なぜか主演で役者をやらされて、名古屋駅前を血まみれのメイクで歩かされたりして……。引きこもりで人を殺す役でした」

 ボソボソと語る独特のダウナーなペースにすっかり引き込まれてしまう。乙一作品の真骨頂である血みどろの描写は、こんな穏やかな表情の人間から生み出されていたのかと思うと心が少しザワつく。思えば、『暗いところで待ち合わせ』(2006年)、『きみにしか聞こえない』(07年)など多くの乙一作品がすでに映画化されてきた。自ら映像化するという選択肢はなかったのだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』