サイゾーpremium  > 連載  > 【真中ひまり】大腸菌大好きグラドル爆誕
連載
チラリと見える和モノ写真進化考

【真中ひまり】大学時代は「細菌研究」に没頭――大腸菌大好きグラドル爆誕

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

2001_191117_cyzo_0275_520.jpg
(写真/オノツツム)

 今回の包まれテーマは「ベージュの世界」。これが初のソログラビアとなる真中ひまりちゃん。 デビュー戦とは思えないほど堂々としてましたね。今年3月に大学を卒業したばかりだそうですが、変わった研究をしていたんだとか?

「変わってるわけではないですが、理系の大学で、『細菌』の研究をやってました。特に『大腸菌』が好きで」

 まさかの大腸菌フェチ、ですか。

2001_191117_cyzo_0822re_520.jpg
(写真/オノツツム)

「ちょっと匂うんですけど、それがクセになるんですよ! 細菌の嗅ぎ分けのテストがあったんですが、シャーレ(実験用の平皿)を誰にも渡さず、ずっと大腸菌の匂いを嗅いでいるもんだから、教授がドン引きしてました」

 喜々として大腸菌の魅力を語るひまりちゃん。その「嗅ぎ分け力」を生かした、ある資格の取得を目指していたそうですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』