サイゾーpremium  > インタビュー  > 【森さくら】“投票される”の意外に苦手!? でもお風呂上がりは……?
インタビュー
サイゾー×Fresh! グラビアクィーン発掘オーディション【準グランプリ】

【森さくら】撮影会歴6年目でも“投票される”の意外に苦手!? でもお風呂上がりは……?

+お気に入りに追加

――運動会の徒競走も出なかったくらい、順位をつけられるのがいやな女の子だったさくらちゃんが、勇気を出してエントリーしたオーディションで準グランプリ! 実は芸歴6年のしっかり者のさくらちゃんは、家では“あんな姿”で……。

1910_mori1_520.jpg
(写真/後藤秀二)

――このたびは、サイゾーとFresh!によるグラビアクイーン発掘オーディション・準グランプリおめでとうございます。

 ありがとうございます。

――ファンによる投票などの総合ポイントで決定したわけですが、感想はいかがですか?

 最初エントリーするお話をいただいたときに、自信がなくてやめようかとも思ったんですけど、応援してくれるっていうファンの方たちがいてくださったので、がんばろうと思って参加しました。

――結構、投票されるっていうのはプレッシャーでしたか?

 そうですね。小さいときからそういうのが苦手で、運動会の徒競走も、すいません出たくないです、って先生にお願いして出なかったくらいなんです。

――それは順位をつけられるのがいやだから?

 走るのも苦手だし、順位つけられるのもいやだったし、頑固な子供でした(笑)。

――でも今回は思いきって出てよかったですね。

 実際にやってみて、こんなに見てくれるファンの方がいるんだって思って、ありがたかったです。

――アイドルは何年目ですか?

 Fresh!さんに出始めて6年目。17歳のころからやっていて、いま23歳になりました。

――結構キャリア長いですね。

 そうですね。何も先を予測しないで、河のように生きてます(笑)。

――高校生のときからやってると、男子が水着の画像とか見つけてきて、すげーってなりませんか?

 撮影会では、撮った写真をネットに掲載するのはNGでお願いしてたので。私が水着になっていることは学校の友達とかも誰も知らなかったんです。もともと人前に立つのも目立つのもきらいだったんですよー。

――じゃあ水着も最初は恥ずかしかった?

 恥ずかしかったですね。最初は着方も分からなくて、一緒に出ていた先輩のお姉さんに教えてもらいました。

――着方ってあるんですか?

 そもそもビキニタイプの水着を着たことがなかったので、紐の結び方とか。

――撮影会では面白いファンの方とかもいるんでしょうか?

 いますねー。冗談かもしれないけど、これさくらちゃんにあげるよっていって、キティちゃんの預金通帳を広げて見せてくれた方とか。

――ええっ! いくら入ってたんですか?

 額は少なくて、100円くらい。

1910_mori2_520.jpg
(写真/後藤秀二)

――ガクッ。ところでツイッターによると、さくらちゃんは結構ドジッ子で、よく失敗をしているんだとか。

 そうですよねー。全体的に運が悪いことが多いんです。

――どんなときに運が悪いと思いますか?

 バスとか電車とかも普通に毎日乗ってるんですけど、乗り間違えちゃったり。

――じゃあお仕事の現場に行くのに間違えて違う電車乗っちゃったりするんですか?

 しますねー。塩見に集合だったんですけど、鶴見に行っちゃったり。尾山台集合なんだけど、氷川台に行っちゃったり
――どれも結構マイナーな地名のような気がしますが、大変ですね。そういうときどうするんですか。

 でも基本的に、自分でもしっかりしてないってわかってるんで、2~3時間前行動するようにしてるんです。

――すごいですね。10分前行動じゃなくて、2~3時間前行動。

 今日のサイゾーさんのインタビュー場所も不安だったんで、1時間前についちゃって、(渋谷駅の)マークシティのあたりをうろうろしていました。

――それでも現場に遅れちゃうことってあるんですか?

 いや、現場に遅れたことはいままでにないですね。

――結構しっかりしてるじゃないですか。休みの日とかは何してるんですか?

 ほんとにずっと寝てます。あとはネットフリックスでおすすめで出て来たアニメを見てたりとか。あと最近友達とマリオカートやったんですけど、コースを逆走しちゃいました。

――特技とかは?

 どこでも寝れるのが特技で、ある時なんてライブ会場で立ちながら寝ちゃって一緒に行った友達に怒られました。おうちでも、お風呂に入る前に全部服を脱いでさあ入ろうってところで、脱衣所でそのまま朝まで寝ちゃったりするんです。一応バスタオルはかけてるんですけど、お父さんとお兄ちゃんには全部見られちゃってますね。えへへ。

――お父さんとお兄ちゃんがうらやますィ~。最後にこれからの目標を教えてください!

 SNSとかも苦手で十分発信できてないんですけど、その分直接会いに来てくれた人と楽しい時間を過ごせるようにしたいと思ってるんで、よろしくお願いします!

(構成/里中高志)

1910_mori3_520.jpg
(写真提供/Fresh!撮影会)

森さくら(もり・さくら)
96年6月16日生まれ。
趣味:睡眠・旅行
Fresh!撮影会でグラビアモデルとして活躍中!
Twitter:@morisaku___16

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』