サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > ピエール瀧解雇を決めたソニーの内幕
ニュース
ソニーはもはや音楽事務所ではない!?

【電気グルーヴ】回収とピエール瀧解雇を決めたソニーの内幕

+お気に入りに追加

大手芸能事務所に変わったSMA

ピエール瀧がコカイン使用容疑で逮捕された事件。その後、ソニーはただちに電気グルーヴの作品を回収し、瀧とのマネジメント契約をあっさり解除したのだった。このような非情かつ性急にも思える“処分”が下されたのは、一体なぜなのか――。その背景には、老舗レコード会社として知られるソニーの“変節”があるかもしれない。

1907_P016-017_01_320.jpg
電気グルーヴのホームページは残っているが、4月2日から更新されていない。

 3月12日、電気グルーヴのピエール瀧がコカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕され、大きなニュースとなった。その翌日、電気グルーヴの音源の発売元であるレコード会社、ソニー・ミュージックレーベルズ【1】は、彼らのCD・映像商品の出荷停止、店頭在庫回収、デジタル配信停止を発表。海外ではほぼ例を見ないにもかかわらず、日本の音楽業界ではもはや通例となっているこの措置に対して、多くの人々が疑問を呈し、再出荷を求める署名運動などが行われた。そして4月2日、ピエール瀧が起訴されたことを受けて、電気グルーヴの所属事務所であるソニー・ミュージックアーティスツ【2】(以下、SMA)は、ピエール瀧のマネジメント契約の解除を発表したのだった。“トカゲの尻尾切り”ともいえるこうした対応ぶりに、多くのファンが衝撃を受けた。大手レコード会社関係者A氏はこう話す。

ソニー・ミュージックグループ【3】(以下、ソニー)は昔から、薬物事件に厳しいレコード会社として知られています。今回の措置は、あくまでも過去の慣例に従っただけではないでしょうか。瀧が所属していたSMAはソニーのグループ会社なので、事務所を解雇されたのも恐らく同じ理由からだと思います」

 コンプライアンスに厳しい昨今の状況にあって、これは致し方のない措置だったのだろうか? しかしながら、ベテラン音楽ライターであるB氏は、その性急かつ無慈悲な対応に驚きを禁じ得なかったと述べる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』