サイゾーpremium  > インタビュー  > 【DJ松永】ラジオに救われた人気DJが自虐封印
インタビュー
リアリストの精神で己の葛藤と向き合う

【DJ松永】「切実さのない自虐はネタにしたくない」ラジオスターが教えてくれた生きる道

+お気に入りに追加

――ヒップホップをメジャーに昇華させた次世代の最注目DJ。自意識過剰な性格と巧みな話術でラジオ界も席巻している男はその裏で、数多の葛藤と闘っていた。

1906_img001_CMYK_520.jpg
(写真/岡崎果歩)

「実は結構前から童貞話を振られても、本当に話せなくなっていて。もともと、自分から話を切り出すことはなくて、周りからイジられることが多かったんですけど。単純に童貞ネタをまったくおもしろいと思えなくなってるし、その手のありふれた打算的な自虐はもうやりたくなくって」

 相方はMCバトルの全国大会『ULTIMATE MC BATTLE』で前人未到の3連覇を達成したラッパーのR-指定。自身も日本一のDJを決める『DMC JAPAN』で2位に輝き、『Creepy Nuts』として2017年にメジャーデビューを果たすと、ヒットを連発。アーティストとして高い評価を受けているのが、このDJ松永だ。

 その一方で、“童貞”“友だちがいない”といった一般的なDJのイメージとはかけ離れた一面も注目されてきた。メディアへの露出は急増し、イジられれば軽妙なトークで笑いに変える。その話術は元来のラジオ好きもあってのものか――。『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』は多くのリスナーの支持を受け、4月から2年目に突入。さらに単独でTBSラジオ『ACTION』の水曜日パーソナリティにも抜擢され、順風満帆にステップアップを果たしているように見える。しかしその実、コンプレックスが切り取られ、消費される日々に葛藤していたという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』