サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 土屋太鳳&山崎賢人、やっぱり付き合ってた? 『ゴチ』が“不自然すぎる”と物議
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

土屋太鳳&山崎賢人、やっぱり付き合ってた? 『ゴチ』が“不自然すぎる”と物議

+お気に入りに追加
1901_tsuchiya.jpg『土屋太鳳1stフォトブック「DOCUMENT」 (TOKYO NEWS MOOK)』(東京ニュース通信社)

 戦友というより、触れてはいけない不発弾だった?

 4月25日に放送されたバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気企画『グルメチキンレース ゴチになります!』に、俳優の山崎賢人と本郷奏多がゲスト出演した。この日、レギュラーの土屋太鳳と山崎の共演に大きな注目が集まっていたという。

「2人は15年にNHK朝ドラ『まれ』で夫婦役として共演し、当時、未経験と噂された土屋が山崎とキスシーンを演じ話題となりました。さらに映画『orange』で再共演した翌年には、焼肉デートがスクープされたことで熱愛疑惑が浮上。それだけに今回の『ゴチ』での共演は、放送前から視聴者の間で話題となっていました」(テレビ誌記者)

 そんな土屋は放送前、インスタグラムにて「山﨑賢人くんとは戦友であり親戚のようでもあって本当に懐かしい再会となりましたし、撮影当時と変わらず爆笑してばかりの時間となりました」と綴ったことで、ファンからは「“けんたお”の絡み、楽しみすぎます!」と期待する声が殺到していた。

 しかし本放送は、ファンや視聴者が想像した内容とは違ったものだったという。

「土屋のインスタを見る限り、現場では山崎との絡みがあったと思われますが、放送ではお互いが会話したり、ツーショットとなるシーンは一切ない不自然な編集となっていました。これには視聴者から、『ここまで絡みがカットされてるのは、やっぱり付き合っていたからでは?』『事務所の意向かもしれないけど、これじゃ逆に気になる』『もしかしたら現在進行形で交際しているのかも』と、不自然さを指摘する意見が殺到することとなりました」(同)

 美男美女のお似合いカップルということで、ファンの間では“けんたお”と呼ばれる2人。しかし今回の共演では、ファンが望んだ絡みは見られなかったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報