サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 上田まりえが『5時夢』ストレスで口走った“禁断ワード”って!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

上田まりえが『5時夢』ストレスで口走った“禁断ワード”って!?

+お気に入りに追加
1903_ueda.jpg松竹芸能株式会社公式HPより。

 レギュラー出演していた『5時に夢中!』(TOKYO MX)を体調不良で突発降板したばかりの元日本テレビアナウンサーで現在フリーの上田まりえが、4月1日スタートの文化放送『なな→きゅう』のパーソナリティーを務めることになり、3月19日に同局で会見した。

「上田は自らの病名について自律神経障害と説明。なんでも『5時夢』のスタジオに入ったときだけ、右手が震える症状が出るとのこと。それもかなり激しい動きだといい、『テレビ画面を通して見ていただける状態ではありませんでしたので、やむなく』と明かしていました。通常の生活には支障はないようで、『番組の下ネタがイヤになったとか、そういうわけではないです』と精神面が原因ではないと強調していますが、特定の番組にだけ発症するとは前代未聞ではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

 番組MCを担当していたふかわりょうも同日のTwitterで、2016年4月からアシスタントを務めた上田の降板に「スタジオで3年間お疲れ様でしたと笑顔で伝えたかった」と降板を残念がった。

「上田本人はストレスでの降板を否定していますが、出演者はマツコ・デラックス、北斗晶、美保純、岩井志麻子、中瀬ゆかりと強者ぞろい。とりわけ、上田は日本テレビ時代にマツコ・デラックスから『女子アナらしからぬ女子アナ』とベタ褒めされたことがフリー転身のきっかけになったとも言われており、マツコを前に期待に応えなければならないプレッシャーがあったのではないでしょうか。また、同番組は下ネタが多く、日テレ時代には考えられない扱いとフリーという立場での心のバランスが崩れてしまった可能性はありえそうです」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな上田は番組で、とんでもないハプニングをさらしたことがあったという。

「『あなたはどんな方法でストレス解消していますか?』と視聴者に回答を募集しようとした彼女は、『セックス、ファックス、メールで……』と口走ってしまった。ふかわも『セックス?』と驚き、彼女は恥ずかしそうに反省していました」(女子アナウォッチャー)

 このときすでに「下ネタ責め」されていた影響が出ていたのだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』