サイゾーpremium  > インタビュー  > 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ
インタビュー
ゆるキャラなのに体を張る!? 過激なゆるキャラ登場!

【ちぃたん☆】ツイッターのフォロワー数130万! 過激な動画で世間を賑わすゆるキャラを直撃

+お気に入りに追加

――ゆるキャラなのに体を張った動画で話題のちぃたん☆。しかし、それらの動画は一部から「危険すぎる」との声も上がっている。それでも、動画を配信し続ける理由とは?

1903_DSC_5612_CMYK_hosei_520.jpg
(写真/小原太平)

 本誌読者とはなかなか縁遠いであろう、ゆるキャラの世界。その中で頭ひとつ抜け出ている秋葉原出身のコツメカワウソの妖精「ちぃたん☆」をご存じだろうか? 10~20代から圧倒的人気を集め、ツイッターのフォロワー数約130万人を誇るちぃたん☆の特徴は、体を張ったパフォーマンス。自動車をひっくり返し、草刈り機をブン回し、一斗缶の山に体ごと突っ込むといった内容の動画を、毎日のようにSNSに投稿している。それらの動画は日本にとどまらず世界中で拡散されているが、一体なぜ、ゆるキャラなのにこのような過激な芸風になったのだろうか? ちぃたん☆本人に直接聞いてみることにした。

 取材当日。「ちょうど今、次に投稿する動画を撮影しているんですよ」と、スタッフに案内され、ちぃたん☆が拠点にしている都内某所のスタジオを訪れると、中から“ドンガラガッシャーン!”と、何かが崩れる音が聞こえてきた。

 しばらくして、スタジオの中へ招き入れられると、そこはいつも動画に登場する小部屋だった。床には風船や変形した一斗缶が散乱し、壁には穴。撮影の激しさをうかがわせる。そして中央には、見慣れたコツメカワウソの妖精が鎮座していた。ちなみに、生で見るちぃたん☆は想像よりもだいぶデカい……。面食らって沈黙していると、ちぃたん☆のほうからシュバッと手を上げて挨拶してくれた。

 本日は弊誌の取材にご協力いただきありがとうございます。ちなみに、ちぃたん☆はサイゾーのことはご存じでしたか?

「いいえっ、知りませんでしたっ☆ これからはサイゾーちゃんの読者になりたいですっ☆」

 あんまり、0歳の子(ちぃたん☆は永遠の0歳)が読むような雑誌ではないですけどね。ところで、ちぃたん☆はいろいろなことにチャレンジしていますが、「これだけはNG!」というものはあるのでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』