サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【美人コンテンツ】炎上の考現学
第1特集
巷にあふれる「美人」コンテンツはなぜ今、炎上するのか?

時代遅れの『美人すぎる○○』が量産――“美人コンテンツ”炎上の考現学

+お気に入りに追加

――男女問わず、人類は古来から“美人”に惹かれ憧れてきた。それはいつの時代も変わらず、だからこそ古くからさまざまなコンテンツとして起用、消費されてきた。しかし昨今、美人を打ち出した企画の炎上が目立つ。女性の社会進出と共に、人々の感覚が大きく変化する今、「美人」と炎上について改めて考えてみたい。

1903_bijinhyakka_200.jpg
『美人百花(びじんひゃっか) 2019年 02 月号』(角川春樹事務所)

 新年早々、出版業界で炎上騒ぎが起こった。問題視されたのは2018年12月25日号の「週刊SPA!」(扶桑社)の特集内に掲載された“ヤレる女子大学生RANKING”という企画。ギャラ飲みマッチングサービスを手がける男性が、「女子大生と“ヤレる”可能性の高い大学をランクづけする」というものだったが、発売と同時に“女性蔑視”であるという声が広がり、今年1月4日に始まった抗議活動には、最終的に5万2000件もの署名が集まった。さらにこの件は、複数の海外メディアでも、厳しく報じられた。

『週刊SPA!』を知っている人ならば、こういった企画意図自体は特に目新しいものではないという意見もSNSで見られた。ただ、日本でさえも#me too問題などを経て変化しつつある現代の感覚においては、時代錯誤と言わざるを得ない。あまつさえ大学の実名を出したことや、根拠がまったくないランキングにも批判が集まったという話だ。

 これに限らず、CMや映像コンテンツにおける昨今の炎上案件の多くに共通するキーワードは“女性蔑視”や“女性軽視”だ。ある広告制作関係者は「『SPA!』の例のように、あきらかに前時代的なおじさん脳でつくられた企画の炎上は、わかりやすいほう。ここ数年は特に、テレビやCM、イベントとコンテンツ制作の多くの場面で細心の危機管理が求められてます。ただ、小さい会社ほどチェック体制が甘く、炎上してしまう印象です」と話す。

「『SPA!』の伝家の宝刀とも言うべき“ヤレる”という男性主観のキャッチが許される時代ではないことは、企業との関係も深い広告代理店やテレビ関係者なら誰もが知っていることです」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』