サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 慰めとしての百田尚樹【日本国記】

――『日本国紀』が良くも悪くも話題だ。その内容から巷では「トンデモ歴史本」とも評されているが、実際にはコピペだらけのため果たして「トンデモ」になり得るのだろうか? そこで、これまで出版されてきた歴史に関する書籍と『日本国紀』を比較考察していく!

1902_P088-091_img001_320.jpg
50万部を超えるベストセラーとなった『日本国紀』。版を新たにするごとに密かに修正が重ねられている。

 昨年11月、百田尚樹氏が『日本国紀』(幻冬舎)を上梓。瞬く間に55万部を超えるベストセラーとなり、先月28日には『「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史』(産経新聞出版)まで発売された。

 しかし、その内容は「『南京大虐殺』はなかった」「WGIP【註:GHQによる戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画】洗脳で日本人の精神が戦後70年にわたって破壊された」「国際共産主義運動の指導組織だったコミンテルン【註:ソ連による大規模政治工作活動】の陰謀」といった、さまざまな議論はあるにせよ、保守論壇のおなじみの言説が目立ち、他方ではウィキペディアなどからのコピペ疑惑も露呈。新聞でも詳報されるなど物議を醸している。

 どうやら、主張の賛否以前にお粗末な仕事ぶりが目立っている感のある『日本国紀』。そのため巷では“トンデモ歴史本”と言われているが、そのわりには百田氏独自の主義・主張もなく、歴史修正的な言説の焼き直しに終始しているとも見える。果たして同書はこれまでに出版されてきた「トンデモ本」と一緒くたにできるのだろうか?

 そこで本稿では『日本国紀』を超える“トンデモ歴史本”を探り、『日本国紀』との共通点や、なぜ偽の歴史が語られてしまうのかをひもといていく。

繰り返される過去の俗説――陰謀史観が生まれる理由

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』