サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 塗り替えられた【五輪ユニフォーム】

――1964年の東京オリンピックで使用された日本代表の公式ユニフォーム。当時、日本のメンズファッション界で旋風を巻き起こしていたVANの石津謙介氏がデザインしたというのが定説だった。ところが、研究者が丁寧に調べてみるとそこには塗り替えられた“禁断の歴史”があった……。

1902_P078-083_img001_320.jpg
本誌連載をまとめた同書は、全国書店とウェブにて絶賛発売中です。

 本誌のルポルタージュ連載をまとめ、2018年1月に発売されたカルロス矢吹著『アフター1964東京オリンピック』(小社刊)。膨大な資料を基に、1964年東京オリンピックに出場した選手たちへのインタビューを積み重ねた同書で、筆者は“スポーツ”という切り口から64年東京オリンピックを顧みた。その一方で、服飾史家の安城寿子氏は“ユニフォーム”という観点から歴史を正そうとしている。

 64年の“象徴”でもある、開会式で使用された白い帽子・赤いブレザー・白いズボンとスカートという選手団公式ユニフォームは、VANの創設者である石津謙介であるというのが通説であった。JOCのホームページにも、東京オリンピックの「公式服装を手がけた服飾アーティスト」として石津謙介の名前が明記されていたし、国立博物館・昭和館の08年の企画展「オリンピック 栄光とその影に」の告知ホームページでは「日本選手団の公式服装はブレザーが赤、帽子とズボン・スカートが白という鮮やかな『日の丸カラー』であった。デザインはデザイナーの石津謙介氏が担当した」と紹介されていた。

 だが、安城もまた膨大な資料を基にこの説を真っ向から否定。16年9月6日、Yahoo!ニュース特集にて「64年東京五輪『日の丸カラー』の公式服装をデザインしたのは誰か」という記事を発表。“ユニフォームのデザイナーは「日照堂」という洋服店の店主である望月靖之である”と明示し、大きな反響を呼んだ。

「2020年東京オリンピックを迎えるにあたって、大事なことはまず64年東京オリンピックをしっかり検証すること」

 異なる方向から64年東京オリンピックに向けてアプローチしながら、両者が経たプロセスと、辿り着いた結論はとても似通っていた。2020年を目前に、我々は五輪とどう向き合えばいいのか。筆者と安城氏が語り合った。

VAN石津氏の裏付けがぜんぜん出てこない!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』