サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 筋肉オタクが見る「EXILE TRIBEのカラダ、この部位がやばい2018」
1812_exile03.jpg
『TIMELESS TIME』(幻冬社)

(今市さんの写真集をめくりながら)はぁ…この方に関してはもう…どれだけ言葉を尽くしても足りない気がしますね。この肉体はミラクルです。世界に誇れる肉体ですよ。

――と言いますと?

 QUEENを題材にした映画『ボヘミアン・ラプソディ』ってご覧になりました?

――すみません…観ておりません…

 観てください!今市隆二さんってフレディーマーキュリーと同じ身体をしているんですよ! もう、日本人離れしてますよね彼は。まず、足の長さ。今市さん腰がすごく短いですよね。多くの日本人は恥骨から足の付け根までにもう少し距離があるけど、彼の場合は恥骨からすぐ足が生えているみたい。恥骨がガラス細工のように美しく繊細なのが分かる。

 それと、若い女性ってお尻が上にプリンッと上がっているでしょう? あれは、横から見ると若い女の人は骨盤が前傾していて、そのせいでお尻がピンと突き出るんですね。加齢と共に骨盤が下がるせいで、お尻もさがってきちゃうんですが。でも今市さんの骨盤は若干前傾していている。そのおかげで、腰から尻がやけに中性的なんです。お尻も上がってるでしょう?

――今市さんはもう32歳になられますが、若い女性のようなお尻をしているんですね!

 骨盤は整形でいじったりできない部分ですから、本当ご両親に感謝した方がいいです。それに加えて、胸の筋質も良さそうです。見るからにやわらかくて、ふっくらしてる。いいおっぱい!脇乳も盛り上がっていて、これはTシャツを着るだけで様になる胸をしています。ちなみに脇乳は、胸筋を鍛える際に小指側を意識すれば鍛えられますよ。筋肉もさることながら、まず骨の端々の処理が美しい。手の指も綺麗ですよね。やっぱり末端は綺麗な方がいい。折り紙だって先端が綺麗に折ってある方が見栄えがいいでしょう。

――今市さんの体は良い折り鶴みたいってことですね。

 そうですね。神様が折った折り鶴です。前鋸筋も綺麗、頭蓋骨も美しい、鎖骨の位置もいい、肌にくすみも見られない。タバコとかも吸ってないんでしょうね。タバコって細胞の若返りに必要なビタミン類が大量に消費されてしまうんですよ。今市さんみたいなキメの細かい肌をしてる人は、タバコは吸ってないはず。いや〜ボーカルしかやらないのはもったいないですね〜。もっと身体の美しさを生かすようなお仕事をした方がいいのに。

――今市さんへの激賞が止まりませんが……続いては、EXILEや三代目JSBの弟分にあたるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマー・武知海青さんを選んだ理由を教えてください。彼はグループでも「筋肉キャラ」としてアピールしているみたいですね。

二十歳のポテンシャルが炸裂する広背筋 武知海青


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』