サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 筋肉オタクが見る「EXILE TRIBEのカラダ、この部位がやばい2018」

「HiGH&LOW」をきっかけに音楽だけでなく、役者としても活動の幅を広げるEXILE TRIBEの面々。歌って良し、演じて良しの彼らだが、「そんなこたぁどうだっていい!彼らの魅力はまずその身体<カラダ>にある!」と主張するのは、芸能人の施術をすることも多いという美人整体師の整針子先生だ。「顔は整形でどうにでもなる。でも体つきは持って生まれた神様からのギフトですからね!」と熱弁する生粋の肉体オタクの整先生に、EXILE TRIBEの中から「ベストオブ肉体」を5人選出してもらい、その魅力を解説してもらった。

男にも女にも"モテる”肉体美 SHOKICHI

1812_exile01.jpg
『EXILE SHOKICHI:BYAKUYA』(blueprint)

――先生は以前からEXILEの体は良いとおっしゃってましたよね。

 彼らの「体脂肪10%以上はEXILEにあらず」という気概がいいですよね。事務所の中にジムがあるっていうじゃないですか。肉体に対する圧倒的熱意! とはいえ、体はただ鍛えればいいってものじゃない。筋肉にはひとそれぞれ個性があって、その個性をどう生かしていくかというセンスも問われます。EXILE TRIBEの肉体も、みんな個性豊かで見ていてとても面白いんです。今回はそんな中から、肉体オタクとして、あくまでも”個人的な好み”で5人を選んでみました。

――ではまず、最初に選出していただいたのは、EXILE及びEXILE THE SECONDで活動されているSHOKICHIさんですね。最近、写真集を出版されてその中身が話題になっています。かなり際どいショットもありますが…

 お尻が丸出しですね!すごい!ケツが小さい! この汗が滲んでる感じとか、肉体の生々しさがよく写されてる。ホクロの多さも観察できて、この写真集はいいですね。ホクロって嫌う方もいるけれど、天然のアクセサリーだと思うんですよ。個性であり魅力の一つと捉えていいと思います。

 あ!小指も綺麗ですね。女性は指が綺麗な人が好きですよね。それはなぜかというと、手などの身体の末端が美しい人は遺伝子が優秀だと言われているんです。手が綺麗に人に惹かれるのは、本能として優秀な遺伝子を求めているからかもしれません。

――なるほど。SHOKICHIさん、さぞおモテになるでしょうね〜。

 183センチの長身で、このスレンダーな体なら何を着ても似合いそうです。彼、昔はもっと華奢でしたが、33歳という年齢のおかげか腰にボリュームが出て太くなってきた。これでさらに魅力的になりました。腰が太いと和服もスーツも似合いますから。

 そして、SHOKICHIさんの肉体の何がいいかというと、骨の節々が大きいところ。顎や喉仏もがっしりしているし、肩関節も大きく見える。非常に男らしいくて、きっと同性からも憧れられる肉体だと思います。

 そして、筋肉はもちろんですけど、体に顔立ちが負けていないのも素晴らしい。目鼻立ちがハッキリしているから、体を鍛えても顔とのバランスが悪くならない。どんどん鍛えて欲しいです。お尻とか、太ももを鍛えて太くしていくと、もっとスーツが似合うようになると思うんですよね。元が華奢だから筋肉をつけるのにも人一倍の努力が必要でしょうけど、ここまで仕上げていらっしゃるなら、これからもどんどん肉体を磨いていけると思います。

――SHOKICHIさんは黒人に憧れているそうなので、お尻が大きくなるとより理想に近づけそうです。では、次にあげていただいたのが、EXILE兼三代目J Soul Brothersでパフォーマーを務めるNAOTOさんです。

ダンサーをダンサーたらしめる”機能美” NAOTO


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』