サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 筋肉オタクが見る「EXILE TRIBEのカラダ、この部位がやばい2018」

「HiGH&LOW」をきっかけに音楽だけでなく、役者としても活動の幅を広げるEXILE TRIBEの面々。歌って良し、演じて良しの彼らだが、「そんなこたぁどうだっていい!彼らの魅力はまずその身体<カラダ>にある!」と主張するのは、芸能人の施術をすることも多いという美人整体師の整針子先生だ。「顔は整形でどうにでもなる。でも体つきは持って生まれた神様からのギフトですからね!」と熱弁する生粋の肉体オタクの整先生に、EXILE TRIBEの中から「ベストオブ肉体」を5人選出してもらい、その魅力を解説してもらった。

男にも女にも"モテる”肉体美 SHOKICHI

1812_exile01.jpg
『EXILE SHOKICHI:BYAKUYA』(blueprint)

――先生は以前からEXILEの体は良いとおっしゃってましたよね。

 彼らの「体脂肪10%以上はEXILEにあらず」という気概がいいですよね。事務所の中にジムがあるっていうじゃないですか。肉体に対する圧倒的熱意! とはいえ、体はただ鍛えればいいってものじゃない。筋肉にはひとそれぞれ個性があって、その個性をどう生かしていくかというセンスも問われます。EXILE TRIBEの肉体も、みんな個性豊かで見ていてとても面白いんです。今回はそんな中から、肉体オタクとして、あくまでも”個人的な好み”で5人を選んでみました。

――ではまず、最初に選出していただいたのは、EXILE及びEXILE THE SECONDで活動されているSHOKICHIさんですね。最近、写真集を出版されてその中身が話題になっています。かなり際どいショットもありますが…

 お尻が丸出しですね!すごい!ケツが小さい! この汗が滲んでる感じとか、肉体の生々しさがよく写されてる。ホクロの多さも観察できて、この写真集はいいですね。ホクロって嫌う方もいるけれど、天然のアクセサリーだと思うんですよ。個性であり魅力の一つと捉えていいと思います。

 あ!小指も綺麗ですね。女性は指が綺麗な人が好きですよね。それはなぜかというと、手などの身体の末端が美しい人は遺伝子が優秀だと言われているんです。手が綺麗に人に惹かれるのは、本能として優秀な遺伝子を求めているからかもしれません。

――なるほど。SHOKICHIさん、さぞおモテになるでしょうね〜。

 183センチの長身で、このスレンダーな体なら何を着ても似合いそうです。彼、昔はもっと華奢でしたが、33歳という年齢のおかげか腰にボリュームが出て太くなってきた。これでさらに魅力的になりました。腰が太いと和服もスーツも似合いますから。

 そして、SHOKICHIさんの肉体の何がいいかというと、骨の節々が大きいところ。顎や喉仏もがっしりしているし、肩関節も大きく見える。非常に男らしいくて、きっと同性からも憧れられる肉体だと思います。

 そして、筋肉はもちろんですけど、体に顔立ちが負けていないのも素晴らしい。目鼻立ちがハッキリしているから、体を鍛えても顔とのバランスが悪くならない。どんどん鍛えて欲しいです。お尻とか、太ももを鍛えて太くしていくと、もっとスーツが似合うようになると思うんですよね。元が華奢だから筋肉をつけるのにも人一倍の努力が必要でしょうけど、ここまで仕上げていらっしゃるなら、これからもどんどん肉体を磨いていけると思います。

――SHOKICHIさんは黒人に憧れているそうなので、お尻が大きくなるとより理想に近づけそうです。では、次にあげていただいたのが、EXILE兼三代目J Soul Brothersでパフォーマーを務めるNAOTOさんです。

ダンサーをダンサーたらしめる”機能美” NAOTO


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』