サイゾーpremium  > インタビュー  > 【松村厚久】病を跳ね飛ばす実業家の野心
インタビュー
難病を抱えながらも快進撃を続ける実業家

【松村厚久】年商約500億円! ダイヤモンドダイニング創業者の尽きることのない野望

+お気に入りに追加

――個性的なコンセプトレストランを数多く運営する、DDホールディングスの社長・松村厚久。難病を患いながらも、業界の最先端を常に走り続けるこの男は、その先に何を見据えているのだろうか?

1811_MG_0059s_CMYK_520.jpg
(写真/増永彩子)

 ドリーミーで極彩色な空間で、不敵な笑みを浮かべるこの男――松村厚久は、「不思議の国のアリス」をコンセプトにした「アリスのファンタジーレストラン」のような、ユニークなレストランなどを多数展開するDDホールディングス社長(ダイヤモンドダイニング創業者)。また、同社が東証一部に上場した2015年、彼の半生を描いた小松成美によるノンフィクション作品『熱狂宣言』(幻冬舎)で長年、若年性パーキンソン病を抱えていたことを公表した人物でもある。

 脳の神経伝達物質の減少により体の障害が現れるパーキンソン病。一般的には高齢者にみられる病だが、松村は39歳という若さで診断を受け、それ以降、誰にもそのことを言わず、社長として働き続けてきた。

 この日の取材は、同社が運営する「カワイイモンスターカフェ」で行われ、現場に現れた松村は、たしかに体の動きはぎこちないが、撮影時も介護を必要とせずに動き回っていた。カメラに満面の笑みでピースを向ける姿は、難病を抱えていることを一瞬忘れさせる。

 DDホールディングスは、いまや従業員1万人の大所帯だ。はやり廃りが激しい飲食業界で、ましてや難病を抱えた状態で競合他社とシノギを削ることに、プレッシャーはないのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』