サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 歴史を変えた【報道写真】の光と影

――報道写真の歴史を代表する1枚、ロバート・キャパの「崩れ落ちる兵士」は、戦闘中の写真ではなかったことが現在では確実視されている。そしていま、デジタル技術の進化によって、報道写真の加工処理が問題となっているという。フォトジャーナリズムは、どこに向かおうとしているのか? 最前線の報道写真家にフォーカスし、その現状を読み解く。

1806_houdou1_2a_520.jpg
イスラエル軍戦車に発砲していたパレスチナ武装勢力のメンバーが、イスラエル兵に狙撃され死んだ。ラーマッラー・西岸地区・パレスチナ。2002年。(広河隆一『新・人間の戦場』より)

 4月17日。ニューヨークのコロンビア大学で発表されたピュリツァー賞。1917年の開始から101年目を迎えた今年、特集写真部門を受賞したのは、ロイター通信が撮影した、ミャンマーを逃れるロヒンギャ難民を写した写真だった。

 ミャンマー政府によって、市民権や就学、受診など、国民としての基本的な権利を奪われたロヒンギャの民は、軍の掃討作戦が始まったことで、生まれ育った土地を捨てざるを得なくなった。

 子どもや老人らが、わずかな全財産をまとめた荷物を背負い、列をなして逃避行を続けるその姿は、フォトジャーナリストの広河隆一氏が発行人を務める雑誌「DAYS JAPAN」(デイズジャパン)5月号に掲載、「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018」の受賞作品にも映し出されている。さらに同賞の受賞作品には、ほかにもイラク・モスルでISとの戦闘から逃げ惑う人々を写したショットや、シリアの内戦で瓦礫と化した街の姿もある。

 日本から遠く離れた危険地域で、今まさに起こっているこうした現実は、報道カメラマンたちが現地へ撮影に赴かない限り、私たちは見ることができない。だが、広河氏によると、こうした報道写真の発表の場は、世界的にどんどん減ってきているという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』