サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > アイドル誌の企画力に刮目【3】/アイドル【ファンクラブ会報】の世界
第1特集
アイドル誌の企画力に刮目【3】

セットで10万円超のプレミアも! 堀北真希は価格下落!?ファンクラブ会報の世界

+お気に入りに追加

――雑誌は雑誌でも、限られた者にしか閲覧できないもののひとつに「ファンクラブ会報」がある。ファンのみが知るその世界について、アイドルグッズ専門店に聞いた。

セットで10万円超のプレミアも! 堀北真希は価格下落!?ファンクラブ会報の世界の画像1
1986年4月に亡くなったアイドル、岡田有希子のファンクラブ会報「YUKIKO」第3号。手作り感あふれるデザインである。(写真提供/カルチャーステーション)

 こちらの記事ではジャニーズ系雑誌の知られざる世界をひもといたが、ここでは女性アイドルや女優たちのディープな世界を探るべく、「ファンクラブ会報」について掘り下げてみたい。

 ファンクラブ会報とは、芸能事務所が運営するファンクラブから定期的に会員へ配布される冊子のことだ。刊行の頻度はさまざまだが、年に3~4冊程度が一般的。ファンクラブの年会費の相場が3000円から5000円程度なので、単純計算すると会報1冊当たり1000円前後となる。

 会報の編集は事務所主導で行われ、その会報限定のインタビューやオフショットが掲載される。また、一般の雑誌ではあまり取り上げられないようなタレントの趣味が全開となった企画も少なくない。あるアイドルのファンクラブ会報を手がける編集者はこう話す。

「アイドル自身が企画のアイデアを出すことも多いです。“好きなアーティストと対談したい!”とか。でも、会報ってそのアイドルのファンしか読まないので、載る人にはあまりメリットがないんですよ。予算もそれほど多くないので、ギャランティも少ないし、対談相手のブッキングはかなり難しい。そのくせアイドルはアレしたいコレしたいと言ってくるので、編集はかなり大変です」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載