サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 2014年【キッズアニメ】5作ガチンコレビュー

――ここまで、キッズアニメがアニメ業界で置かれている立ち位置や、そのビジネスモデルを見てきた。それでは作品自体の出来はいかほどのものなのか?ハイカルチャーからポップカルチャーまで幅広くウォッチする批評家・石岡良治が、『妖怪ウォッチ』&長く続く女児アニメの計5作を一気レビュー!

1411_kids_03.jpg

■妖怪が発生してきた歴史的過程とも相通じる
【1】『妖怪ウォッチ』
企画・シナリオ原案/日野晃博 監督/ウシロシンジ シリーズ構成/加藤陽一 制作/OLM 放映/テレビ東京
『レイトン教授』『イナズマイレブン』など多数のヒット作を生んできたゲームメーカー・レベルファイブが手がけるクロスメディア展開作品。さくらニュータウンに住む小学5年生・天野ケータと、執事妖怪ウィスパー、ネコの地縛霊妖怪・ジバニャンを中心に展開するギャグタッチの妖怪アニメ。ネットスラングや他作品のパロディネタが多く含まれ、大人でも笑える。

[レビュー]
日野アニメの持ち味である「広い間口からのぞくブラックな側面」が良い方向で最大限活かされた傑作。主人公のケータをはじめとした登場人物すべてにどこか性悪な部分が垣間見え、親の勧めなしに子ども自身が楽しめる要素が鍵。「たいていの事柄は妖怪のしわざ」という世界観に基づく創作妖怪の物語が、実際に妖怪が発生してきた歴史的過程と相通じることも重要。大ヒットを受けて伝統妖怪の現代的解釈も可能になり、原作ゲームもポケモンに迫る勢いをみせるが、その反面生じた、ジバニャンの過去が「いい話」と判明するなどのマイルド化は不可避か。

1411_kids_04.jpg

■優れたシステムで抜群の出来のはず、2期の停滞を挽回せよ!
【2】『アイカツ!』
原案/バンダイ 原作・制作/サンライズ 監督/木村隆一 シリーズ構成/加藤陽一 放映/テレビ東京系
「アイドル」と「ファッション」をテーマにした、バンダイの同名カードゲームが原案。主人公・星宮いちごに親友でドルヲタの霧矢あおい、最初からトップアイドルの神崎美月ら、名門アイドル養成校に通ってアイドルを目指す少女たちが登場し、それぞれに友情やライバル関係を育んでいく。12年10月より放映を開始し、3年目となるこの10月から第3部が始まった。

[レビュー]当初は粗削りながらも、カードダスとアイドルの融合など現代的要素を散りばめ、3Dモデルを改良していくことで10年代女児向けアニメの金字塔となった。だが2年目ではライバル校とのバトルが引き分け連発の一方で、強キャラ「美月」が何度もユニットを解消する展開になり、主人公たちの憧れの存在となるはずがダーティーな印象を生んでしまった。ほかの女児向けアニメにも研究され、停滞感は否めないが、3年目を迎えて主要キャラを一新。基本システムが優れているだけに、幸福感が持ち味の作風の立て直しに期待がかかる。今のところ滑り出しは順調。

1411_kids_05.jpg

■10周年を迎えてもアグレッシブな姿勢が光る
【3】『ハピネスチャージプリキュア!』
シリーズディレクター/長峯達也 シリーズ構成/成田良美 制作/東映アニメーション 放映/テレビ朝日
各大陸に存在するプリキュアチームが、それぞれに悪の組織「幻影帝国」と戦い、世界を幸せに導くという設定。そのなかで日本チームを結成した14歳の少女たちの友情や淡い恋模様、戦いを描く。04年から放映開始したプリキュアシリーズの11作目に当たる本作では、「オシャレ」がテーマに盛り込まれており、変身後にはダンスシーンも。

[レビュー]次第に格闘がマイルドになるなどマンネリ感も否めなかった『プリキュア』だが、10周年記念となる今作では、『アイカツ!』の着せ替えなど他作品の良さを貪欲に取り入れた。また業界最高水準の「アニメキャラの3Dモデリング」を本編に組み込むアグレッシブな試みが光る。クズキャラから成長していく非コミュの王女「ひめ」や、突然歌い出すなど独特の世界を築く「ゆうゆう」の個性は、主人公「めぐみ」の存在感を食う勢いをみせている。複数のプリキュアに恋愛エピソードを入れるなど、賛否が割れることを辞さない展開にも注目。

1411_kids_06.jpg

■アクの強いキャラ設定に発揮された監督の持ち味
【4】『プリパラ』
原作/タカラトミーアーツ 監督/森脇真琴 シリーズ構成/土屋理敬 制作/タツノコプロほか 放映/テレビ東京系
『アイカツ!』はバンダイだが、こちらはタカラトミーアーツのトレーディングカードアーケードゲーム『プリティーリズム』が原作。『アイカツ!』と同じく「アイドル」と「ファッション」がテーマ。アニメは11年より放映を開始し(『プリティーリズム・オーロラドリーム』)、今年でシリーズ5作目を迎えている。基本的に2Dだが、ダンスシーンは3DCGで表現(画像参照)。

[レビュー]音楽やファッションブランドなど幅広いメディアミックスで知られ、ドラマティックなシナリオも魅力的だった『プリティーリズム』を仕切り直した新シリーズ。『マイメロ』『ジュエルペットサンシャイン』『ミルキィホームズ』など、シュールな要素に定評のある森脇真琴監督の持ち味が、登場人物のアクの強いキャラ設定に発揮されている。「トモチケ」を交換する際のパキる(折る)アクションが、トレーディングゲームとしての個性を明確に示している。2シーズン目で出てきたライバルチームも魅力的で、現時点では最も勢いのあるキッズアニメ。

1411_kids_07.jpg

■シリーズの自由度の高さを体現する6作目
【5】『レディジュエルペット』
原作/サンリオ、セガトイズ 監督/川崎逸朗 シリーズ構成/高橋ナツコ 制作/ゼクシズ、スタジオコメット 放映/テレビ東京系
ジュエルランドに暮らす魔法使いたちが育てる動物・ジュエルペットが、自分たちも魔法を学びながらパートナーとなる女児と成長していく物語。09年より放映を開始し、本作でシリーズ6作目。『アイカツ!』などとは異なり、1作ごとに世界観やキャラも一新される。今作ではジュエルランドの女王候補になった女子たちがジュエルパレスでレディを目指すという物語。

[レビュー]「仕事を選ばない」ことで知られるハローキティを擁するサンリオアニメの現在形『ジュエルペット』シリーズの最新作。3作目『サンシャイン』以来のシュール路線を大幅に変更し、2作目『てぃんくる』路線に寄せてきた。さまざまな作法を学び「レディになること」というテーマは一見古典回帰の様相を呈するが、同時に王子キャラの「プリンス」も登場し、男女複数の物語が同時展開する群像劇の要素に新しさを織り交ぜている。今作でのジュエルペットは「メンター」として人間たちを見守る設定であり、本シリーズの自由度の高さを体現している。

石岡良治(いしおか・よしはる)
1972年生まれ。批評家。跡見学園女子大学ほかで非常勤講師を務める。専門は表象文化論。著書に『視覚文化「超」講義』(フィルムアート社)がある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ