サイゾーpremium  > 連載  > キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」  > 【最終回】小明の最高傑作はサイゾーでなく講談社である
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第24回

【最終回】小明の最高傑作はサイゾーでなく講談社である

+お気に入りに追加

どんなに立派なお言葉も、決して素直に受け取らない卑屈家が2人。そのこじれた思考に、偉人たちの格言を浴びせてみると……?

今月の格言

私の最高傑作は次回作である

チャーリー・チャップリン(Charles Spencer Chaplin)
1889年、イギリス生まれ。映画監督・俳優。作品の制作から脚本、主演、音楽まですべてこなし、数々の傑作を遺して「喜劇王」と呼ばれた。1977年没。

 丸2年ほど続いたこの連載も、今回でついに最終回です……感動のフィナーレにしましょうね! この2年、どうでした?

 2年間を一緒に振り返ろうと思ってもさぁ、20代の2年と40代の2年って密度が違うから、俺のほうが絶対薄いよね。2年なんてほんと、ついこないだだよ。

 ああ……年を重ねると1年があっという間というアレですね。

 うん、4~5年でやっと一区切り。2年なんて、もう半年いかないくらいの感覚。

 この連載が始まった時には、パーケンさんはもう40代でしたもんね。

 そうですね。私の41歳の始まりとともにこの連載は始まったんだよ。要するに私が「天才バカボン」のパパになった年から。41歳の春だから。

 そうですね。でも、バカボンのパパは結婚して子どももいますよ。

 そ、そうね。まぁ、あそこんち(バカボン一家)はママが素晴らしい人だから。

 そういう人が現れなかったんですね。私もパーケンさんと初めてお仕事をご一緒したときは、なんて素敵な人だろう、と思いましたけど。

 お、いいね、もう少し褒めて。

 なんて素敵で、えーと……。

 待つよ、がんばって。

 えー、あ~……今ちょっと出てこないですけど、時が経つにつれて暗黒面がズルズル出てきて、罵り合っただけの回もありましたね。お互い独身のままですし……。

 俺も小明ちゃんと何か過ちを犯さないかと思ってたけど、ずっと正しい道を歩んで来ちゃった。お互いなんの過ちも犯さず、若気も至らなかったね。

 若い健康な男女って、2年あれば何かしら間違いがあったりするのに……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那