サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【板野友美】と【TAKAHIRO】の熱愛に"ストップ"をかけた大手芸能プロ
ニュース
新スーパー芸能記者Xの紙面には絶対書けない“ガチ”裏情報

板野友美とTAKAHIROの熱愛に"ストップ"をかけた大手芸能プロの豪腕とゴーマン

+お気に入りに追加

1401_tomochin.jpg
板野友美「little(初回限定盤TYPE-A)(外付け特典あり)」(キングレコード)

 元AKB48の板野友美とEXILEのTAKAHIROの熱愛が、今月17日発売の写真週刊誌「フライデー」で報じられた。

 同誌によると、昨年板野は都内の隠れ家的高級寿司店へ。その店から深夜になって帽子とマスクで変装したTAKAHIROが現れてタクシーで走り去ると、すぐに板野も女性とともに店から姿を現し、タクシーに乗り込んでTAKAHIROと同じマンションへと帰って行ったという。

 さらに、板野とTAKAHIROがその2週間後にも女性を伴い3人でタクシーに同乗し、都内の高級イタリア料理店を訪れたことや、そこから2週間後の深夜にもバーを訪れたことを伝えて、「板野友美とTAKAHIRO"ひとつ屋根の下"同棲&美食の夜々」とのタイトルで報じている。

 2人の交際はかねてから取り沙汰されており、本来ならば人気者同志の熱愛は、スポーツ紙などがもっと後追いしてもいいところだ。板野はすでにAKB48を卒業しており、恋愛は解禁されているため、報道を規制する理由は見当たらない。

 実際、ネットを中心に双方の熱烈なファンが相手方をディスる誹謗中傷合戦が繰り広げられるなど話題を集めているが、なぜかスポーツ紙はほぼ全紙が完全スルーを決め込んでいる。

 あまりにも不可解な現象だが、その舞台裏を某芸能プロダクション関係者はこう語る。

「一部ではAKB48サイドやEXILEサイドが、日頃から付き合いのあるスポーツ紙に圧力をかけたなんて噂もありますが、そういった事実はありません。AKB48サイドは、以前から卒業生に関しては恋愛が解禁されているわけですし、『うちは関係ない』というスタンスです。実際に前田敦子と尾上松也の熱愛が報じられた際もノータッチでしたからね。EXILEサイドもそこまで強硬に圧力をかけたりしませんよ。実際、『フライデー』は記事化するにあたり、双方の事務所の広報窓口に連絡を入れたと聞いています」

 双方の事務所とも今回の記事が出ることも、スポーツ紙が後追いすることもいわば想定の範囲内で、「ラブラブな2ショットを撮られたわけではないので、『友達です』とか、『同じマンションに住んでいるだけです』とか、いくらでも熱愛を否定することはできますからね。なかには『板野にとっては良い宣伝になるんじゃないの』なんて声まであったほどです」(同関係者)

 ところが、ここで予期せぬ動きが起こったという。

「早刷りが出た段階で、板野の所属事務所の現場スタッフが記事に怒りを覚えて、『フライデー』に抗議したようです。もちろん、すでに広報窓口へ連絡を入れている『フライデー』サイドは抗議をキッパリと突っぱねたわけですが、その対応も気に入らなかったのか、このスタッフはますますヒートアップ。日頃から懇意にしているスポーツ紙の記者たちに"後追い"の自粛を厳命したそうです」(同関係者)

 結果、同誌の板野&TAKAHIROの熱愛ネタはスポーツ紙では黙殺されたわけだが、フタを開けてみれば一部ネット媒体の報道やまとめサイトによる拡散で同記事は広く知られることとなった。

「携帯電話やスマートフォン、パソコン、タブレット端末などが普及し、多くの人がネットを通じて情報を得るのが当たり前になっているこの御時世。昭和の時代ならいざ知らず、今時スポーツ紙なんか抑えたところでなんの意味もないことに、まだ気付いていないんですかねぇ。日頃の"お付き合い"があるとはいえ、言いなりになるスポーツ紙の連中もどうかと思いますけど」(別の芸能プロ関係者)

 なんともはや、昭和も遠くなかりけり…。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】実家グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報