サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > ブロードキャスター【ピーター・バラカン】ディープな海外音楽誌
第1特集
サイゾー的タブー破りの雑誌ガイド【8】

【ピーター・バラカン】取材力とマニア度がすごい! ディープな海外音楽誌

+お気に入りに追加

──上品な語り口で知られるブロードキャスター、ピーター・バラカン。ソウル、ブルース、ロック……多方面の音楽に精通する彼は、どんな雑誌をこれまで読んできたのか? そして今愛読する、一線を超えた音楽誌とは?

1402_wide_15.jpg
(写真/細倉真弓)

ピーター・バラカン
1951年、英ロンドン生まれ。ラジオは『BARAKAN MORNING』(InterFM)、テレビは『CBS60ミニッツ』(TBSニュースバード)などに出演中。著書に『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)などがある。

1402_wide_16.jpg
【3】「MOJO」
Bauer/93年創刊/4.60ポンド
イギリスの音楽誌。ビートルズやボブ・ディランなどクラシック・ロックを掘り下げる企画が多いものの、ザ・ホワイト・ストライプスに初めてフォーカスした英国の商業誌でもある。

 今、日本の音楽誌では僕が興味を持つようなものはほとんどないので、海外の音楽誌を中心にお話したいと思います。

 ロンドンにいた子どもの頃、イギリスの音楽誌だと「NME」「Melody Maker」「Disc」「Record Mirror」の4誌はタバコ屋で売られていて、名が知られていました。内容は軽いニュースが中心で、僕もそれらを読んでいたけど、1967年に「Rolling Stone」【1】がアメリカで生まれます。たしか、イギリスでは本国の発売より2週間ほど遅れて売られていたのかな。ヒッピー、ベトナム反戦、ロック、LSD……と隆盛していたカウンター・カルチャーの中心地サンフランシスコで創刊されたその雑誌は、政治的な観点から音楽を批評したりしていました。当時はグラビアはなく、従来の音楽誌より圧倒的に文章が面白かった。音楽ジャーナリズムの定型を作った雑誌ですね。

 僕が好きなブラック・ミュージック関係だと、イギリスには60年代から「Blues & Soul」という専門誌がありましたね。ファンジンみたいな「Blues Unlimited」もあったな。これは中高生の頃からよく読んでいました。80年代に登場した「THE WIRE」【2】や「Straight No Chaser」は先鋭的な音楽をしっかり取り上げていて、面白い雑誌だと感じましたね。

 その後、僕も年を取り、イギリスの音楽誌は熱心に追わなくなりましたが、ここ15年ほど定期購読しているのが「MOJO」【3】「fROOTS」【4】。前者には、過去の音源について知らなかった話がよく載っています。例えば、ソウル・シンガーのマーヴィン・ゲイの名盤『What’s Going On』がつくられた裏側について、関係者への緻密な取材を重ねながら、とことん追究する企画があったりする。詳しいつもりのレコードでも、「MOJO」には新たな発見がよくあります。「タイムマシーン」というコーナーも面白い。何年何月に音楽シーンで何が起こったのか、当時ヒットチャートや写真と共に綴られていて、過去の情景が思い浮かびます。

「fROOTS」に話を移しますと、「f」はフォーク、「ROOTS」はルーツ・ミュージック(民族音楽)やワールド・ミュージックを表していて、他誌ではまず扱われないマニアックな音楽ばかりを取り上げる雑誌なのですが、姿勢としては世界のどこかで発生した伝統ある音楽をさらに発展させている音楽に焦点を絞っている。僕はワールド・ミュージックにすごく興味があるのに、日本ではそれを大きく取り上げる雑誌がないので、情報源として重宝しています。

 日本の雑誌だと、74年に来日してシンコーミュージックで働いていましたが、70年代後半頃から「ニューミュージック・マガジン」(ニューミュージック・マガジン)をちょこちょこ読んでいた。しかし、当時の僕には内容がとがりすぎていて、ついていけない部分が多かった。「rockin’on」(ロッキング・オン)に関しては、創刊者の渋谷陽一さんとは面識がありますが、大のレッド・ゼペリン好きである彼のテイストが引き継がれたあの雑誌は、僕の音楽的な好みと合わない(笑)。

 シンコーミュージックにいたとき、同じ会社が発行する「YOUNG GUITAR」のレヴュー原稿を頼まれたのがきっかけで、僕も雑誌に少し寄稿するようになりました。でも、80年にYMOの事務所で働き始めてからは……。音楽が作られる現場を目の当たりにして、いかにレコードを作るのが大変なことか実感し、批判的に書くのがためらわれるようになったんです。また逆に、好きな音楽を好きと書くのはより高度なテクニックが必要で、大して文才のない自分が音楽誌で書いたりするより、ラジオで好きな音楽をリスナーに紹介するほうに僕はシフトしていきました。

 そんな経緯がありますが、最近はラジオの仕事で忙しいせいもあって、音楽誌に限らず雑誌自体を読む時間があまりないですね。失礼ながら「サイゾー」もほぼ読んだことがないけど、(本誌1月号を見ながら)こういう表紙の雑誌は本屋で手に取らないかも……。ただ、今は特定秘密保護法みたいな不条理がたくさんあるので、それらについて突っ込んでいる雑誌があれば読みたいです。リーマン・ショックのときにAIGフィナンシャル・プロダクツが暴走した背景について、「Rolling Stone」がすごく踏み込んだ取材をし、なおかつ誰にでもわかりやすく分析していましたが、雑誌にはそうした題材も臆せず迫ってほしい。「サイゾー」にもそれを期待しますよ。

(構成/加藤隆之介、中矢俊一郎)

1402_wide_38.jpg

【1】「Rolling Stone」
Wenner Media/67年創刊/4.99ドル
音楽のみならず、ポップ・カルチャー全般や政治まで扱うアメリカの雑誌。かつてはハンター・S・トンプソンなどが寄稿した。現在流通している日本版とは、かなり趣が異なる内容である。


1402_wide_39.jpg

【2】「THE WIRE」
The Wire Magazine/82年創刊/6ポンド
オルタナティヴでアンダーグラウンドな音楽に焦点を当てた雑誌。ジャンルとしてはノイズ、ポストロック、電子音楽、ヒップホップ、ニュージャズ、現代音楽など。


1402_wide_40.jpg

【4】「fRoots」
Southern Rag/79年創刊/4.90ポンド
イギリスより刊行されている、フォーク、ルーツ・ミュージック、ワールド・ミュージックの専門誌。この手の音楽のメディアとしては、世界随一の情報量といえるのではないだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ