サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 元読売巨人軍代表【清武英利】スポーツマスコミに喝!

1402_wide_13.jpg

清武英利(きよたけ・ひでとし)
1950年、宮崎県生まれ。立命館大学卒業後、読売新聞社に入社。社会部記者として、警視庁、国税庁などを担当。04年に読売巨人軍球団代表兼編成本部長に就任し、11年からは、専務取締役球団代表兼GM・編成本部長・オーナー代行を務めた。著書に、『「同期の桜」は唄わせない』(ワック)など。


1402_wide_14.jpg
【1】「Sports Graphic Number」
文藝春秋/80年創刊/530円
隔週木曜日発行の総合スポーツ雑誌。沢木耕太郎や乙武洋匡などの著名なライターの記事が多数掲載され、特集のほか、選手へのインタビューや対談などを中心に誌面構成されている。

──2011年に起きた「清武の乱」。その当事者である元読売巨人軍球団代表・清武英利氏が昨年、山一證券の破綻の背景に迫った『しんがり』(講談社)、元特攻志願兵を追った『「同期の桜」は唄わせない』(ワック)を上梓した。ジャーナリストとしての活動を再開した同氏が選ぶ、戦う雑誌とは?

 私はおもしろい雑誌より、戦う雑誌にカネを払いたいと思っています。

 キース・ピータースンの小説に、新聞記者のこんなセリフがあります。「われわれの仕事は秘密を暴くことだ」。雑誌には、そんな新聞よりもさらに上を行ってもらいたいんです。そして、何年経っても捨てられないような雑誌に出会いたいんですよ。

 実際に、ずっと保管している雑誌があります。「Sports Graphic Number」【1】の創刊号もそのひとつ。ノンフィクション作家・山際淳司さんが、詳細かつ臨場感溢れる視点で日本シリーズを描いた連載「江夏の21球」に代表されるように、それまでのスポーツマスコミの常識を覆す革新的な内容の雑誌だったんです。

 そもそも私は、スポーツマスコミには、選手達の実相をもっと書いてほしいんです。例えば、僕が球団代表(GM)時代に創設された育成制度で獲得した山口鉄也投手。彼はもともとメジャーリーグのルーキーリーグでプレーしていて、帰国してからは公園でひとり、壁当てをしながら練習していた選手なんです。それが今や、3億円プレーヤー。本人はあまり話したがりませんが、そこに至るまでの惨めな苦労、心のひだのような部分を、追ってほしいですね。

 それから、私は11年末からライターとしての活動を再開しました。よく手にするのは、新谷学編集長率いる「週刊文春」(文藝春秋)や酒井逸史編集長の「週刊新潮」【2】、鈴木崇之新編集長の「週刊現代」(講談社)です。雑誌ジャーナリズムの中には、新聞にはない無頼の匂いのようなものがある。記者時代には、限りなくブラックに近いグレーな情報を掲載していたミニコミ誌から、「ZAITEN」(財界展望社)、「東洋経済」(東洋経済新報社)まで、読んでいました。それらが、“情報の交差点”として機能していたからです。同時に、検事や警視庁捜査二課の刑事らにとっても、大きな情報源となっていたんですよ。

 もちろん、雑誌がどこまで踏み込んで書けるかというのは、出版社の編集長、編集者の力量ですよね。例えば、「週刊現代」。特に、加藤晴之さんの編集長時代はすごかった。06年にJRの労組問題を報じたり、11年の大スキャンダルに先駆けて、大相撲の八百長疑惑を報じたりした人物です。あれだけ敵を作ってよく生きていられましたよ。

 それから、「ザ・ファクタ」【3】の阿部重夫発行人と宮嶋巌編集長の辛辣コンビもすごい。オリンパスの巨額損失隠しのスクープを始め、アブラハム・プライベートバンクの疑惑など、大きな事件に発展したスクープは少なくありません。

 今回、私が挙げた雑誌に共通するのは、“志”です。雑誌の編集者やライターが臆病になると、新聞記者はますますエスタブリッシュメントの内側に逃げ込み、マスメディアから競争がなくなってしまいますから。

 そうそう、私はね、巨人の代表時代に、「ベースボールマガジン」【4】で「野球は幸せか」というコラムを書かせてもらっていました。パ・リーグ贔屓に思える同誌が、よく書かせてくれたなって思うんですよ。「ベーマガ」の編集長の、「このままでは野球はだめになる」という思いが強かったのではないかなと思います(笑)。これもまた、志ですよね。

(構成/高橋ダイスケ)

1402_wide_35.jpg

【2】「週刊新潮」
新潮社/56年創刊/370円
「週刊朝日」をはじめとした、“新聞社系週刊誌”が全盛の中、“出版社系週刊誌”のはしりのひとつとなった雑誌。同社からは、「週刊ベースボール」の清武氏の連載をまとめた単行本も、2冊発刊されている。


1402_wide_36.jpg

【3】「ザ・ファクタ」
ファクタ出版/06年創刊/400円(年間定期購読のみ)
日経新聞元記者で、月刊「選択」出身の阿部重夫氏が創刊した総合情報誌。中でも、2011年のオリンパス事件のスクープは一大スキャンダルへと発展した。


1402_wide_37.jpg

【4】「ベースボールマガジン」
ベースボール・マガジン社/46年創刊/1000円
戦後に創刊された、野球専門誌。当初は月刊で発行されていたが、現在は隔月発行となっている。清武氏は同誌で、「野球は幸せか」というコラムを連載していた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ