サイゾーpremium  > インタビュー  > 【首くくり栲象】──孤高の老パフォーマーが見せる究極の首くくり芸
インタビュー
死ではなく、肉体の表現としての首くくり

「首吊り」こそ我が人生! 孤高の老パフォーマーが貧窮の果てに見つけた幸福論

+お気に入りに追加

──自宅の庭で自らの首吊りを17年間見せてきたパフォーマー・首くくり栲象。60代半ばを越えた今も「首吊り」は毎日欠かせない日課である。

1311_kubi_01.jpg
(写真/酒井 透)

「首吊りは、自分の全人格にかかわること」

 白髪交じりの頭を掻いて、男は笑った。彼の名は首くくり栲象。1969年から、都内の画廊を中心に首吊り芸を続けてきた、知る人ぞ知るパフォーマーだ。17年ほど前から、借家の敷地を「庭劇場」と銘打ち、観客に毎月開放。椿の枝で首をくくっている。顔全体の筋肉を伸びきらせ、涎をしとどに垂らし、枝から死体のようにブラ下がる――。そんな姿を前にすると、つい年間3万人前後の自殺者数を抱える現代日本の社会状況との関連で語ってしまいそうだが、彼は現実世界で起こる数々の自殺との関連を否定する。

「僕自身は、このパフォーマンスに関して、死に対するアプローチはまったく念頭に入れていないんです。まれに『自殺の瀬戸際にあるんじゃないか』って人も見に来てくれますよ。観客が自分の思いを投影して観てくれるのはすごくうれしいことです。でも僕の表現は、基本的には死ではなくて肉体の動きそのものなんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ