サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > "火消し"に必死 着実に解散に向かう【KARA】
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

”火消し”に必死 解散報道は否定しても着実に解散に向かうKARA

+お気に入りに追加

1310_kara.jpg
KARA「サンキューサマーラブ」

 10月4日発売の東京スポーツで今月8日から来月24日に行われるコンサートツアー終了後に解散することが報じられたK-POPグループ・KARAのメンバーが7日夜、5人揃って羽田空港に到着したことを各メディアが報じた。

 同紙の報道を受け、同グループの公式ホームページでは解散を否定。メンバー5人のうち、ニコルが来年1月に所属事務所であるDSPメディアとの契約が切れ、再契約を結ばずKARAを脱退。また、大学生であるジヨンは来年4月の所属事務所との契約終了時点で脱退するかを決めることも合わせて発表されていただけに、5人のコメントが注目された。

 報道によると、メンバーが到着ロビーに姿を見せると、待ち構えたファンから大歓声が巻き起こり、メンバーたちはファンに向かって笑顔で手を振るなどしたが、報道陣から解散報道やニコルの脱退について聞かれると一切ノーコメント。特にその発言が注目されたニコルは、ちょうど同日が22歳の誕生日で、ファンから「ハッピーバースデー、ニコル!」と祝福されると、笑顔で手を振ったがノーコメントだった。

「ツアー前の”逆プロモーション”ということもあってか、所属レコード会社が積極的に各メディアに来日情報を流し、その思惑通り大々的に報じられた。すでにK-POPブームは下火で、KARAのCDの売り上げも落ち込み、ツアーのチケットの売れ行きも思わしくないため、東スポが書かなくてもほかのスポーツ紙に、解散ではなくニコルの脱退情報が流れることになっていたようだ。それが、いきなり解散と報じられてしまったため、事務所とレコード会社は”火消し”に必死。ただ、コンサートのチケットの売り上げは徐々に伸びているようだが」(音楽関係者)

 渦中のニコルだが、6日に自身のTwitterを更新。「私はKARAのメンバーとして(活動を)始めたので、最後もKARAのメンバーとして終わりたい」、「所属事務所との契約とメンバーとしての契約は分離してもいいのではないかと思う」と書き込み、所属事務所を移籍したうえでKARAのメンバーとして残留したい意思を明かしたが、それが実現する可能性は限りなくゼロに近いという。

「11年1月、自身がビジネスを営むニコルの母親が主導し、ニコル、スンヨン、ジヨンの3人が正当な報酬を要求し所属事務所を提訴。その後、訴えは取り下げ和解したが、事務所にとって一筋縄ではいかない母親が付いているニコルはいわば『目の上のたんこぶ』だった。おまけに、日本進出に際しては、日本のブローカー的な音楽関係者からさんざん”食い物”にされたあげく、年々人気がダウン。もはやKARAの商品価値が暴落する一方なので、今後はハラとギュリを積極的にソロ活動させようと計画しており、ジヨンも契約を更新しない可能性が濃厚なので、正式な解散発表はなくとも、KARAは事実上解散状態になるだろう」(韓国芸能界に詳しいジャーナリスト)

 どうやら、日本でのKARAは今回のツアーで見納めになりそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』