サイゾーpremium  > 連載  > ダンディ長瀬ハワイのセクハラAV問答  > 【最終回】「寝取り・寝取られ」の美学
連載
DANDY長瀬ハワイのセクハラAV問答【最終回】

ダンディ監督が現役風俗嬢マンガ家に説く「寝取り・寝取られ」の美学

+お気に入りに追加

1310_dandy_01.jpg

現役風俗嬢マンガ家
紫藤ももえさん
主にソープランドに勤務しながら、マンガ家としても活躍。風俗嬢向け情報サイトGirls Health Labで「すべてのオトコは黒である」、オトナのスポニチFuzoku情報局で「オトコとオンナ」を連載中。

長瀬ハワイ(以下、) 今回はこの連載の最終回ということで、ダンディの社員監督である私が久しぶりに登場です。栄えある最終回ゲストは、新宿で働く現役ソープ嬢でありながらマンガ家としても活躍する紫藤ももえさん。なかなか特殊な経歴ですよね。

紫藤ももえ(以下、) もともとマンガ家を目指して出版社に持ち込みしたりしてたんですが、お金がなくて風俗を始めたんですよ。そしたら思いのほか楽しくて、いまは風俗系サイトやスポーツ紙で、風俗嬢の赤裸々な日常を描いた4コママンガなんか描いてます。

 それは面白そう。僕がいちばん気になるのは、風俗のコたちが待機所で何を話しているかだな。

 うーん、ピュアな素人系で売ってるコが子どもの話をしていたり、派閥があったり、仲良いコ同士でも話がえげつなかったりと、夢は確実に壊しちゃうと思います……。

 そっか……。僕は風俗大好きなのに、風俗系の作品を撮ったことはないんです。

 あら、そうなんですか!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』