サイゾーpremium  > 特集2  > 成熟コンテンツゆえに伸び悩むロックというジャンル
第2特集
最新・若者文化白書【4】

ヒップホップにもボカロにも水をあけられたロックのジレンマ

+お気に入りに追加

──こちらの記事で見てきたように、ヒップホップが今再び草の根で盛り上がっている。00年代に生まれたニコ動系音楽も勢いに乗っている。では、かつて若者の音楽としての存在意義を一手に担ってきたロックはどうか? 若手バンドシーンが抱えるジレンマを考察してみた。

1310_az_2toku.jpg
『閃光ライオット2012』(SMD itaku)

 TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」らが主催する「閃光ライオット」やヤマハの「Music Revolution」など、10~20代前半のミュージシャンを対象としたコンテストの応募者数は毎年右肩上がり。なかでも「閃光ライオット」は、ねごとやGalileo Galilei、ズットズレテルズ(一部、現OKAMOTO’S)などの人気バンドを輩出している。主催のひとつがソニーミュージック=レーベルによる青田買い的コンテストとはいえ、若手の登竜門としての機能は果たしているようだ。またアニメ『けいおん!』の影響や、80年代バンドブームの最中に青春を送った保護者の理解などもあり、近年、高校軽音部の部員数は増加傾向にあるという。

 しかし本特集で紹介しているヒップホップや、ボーカロイド・「歌ってみた」ほどに10代バンドシーンが盛り上がっているかと問われると、首をひねらざるを得ない。そもそも、シーンが形成されているとも言いがたい。

 その理由のひとつは、ロックが成熟したコンテンツだから。一見矛盾した物言いだが、バンドのステップアップのモデルを考えるとわかりやすい。音楽の趣味の合う面々がバンドを結成し、楽器を購入。曲を作ってはリハーサルスタジオを借りて練習を重ね、チケットノルマを負いながらライブハウスに出演して地道に動員を増やしたり、「閃光ライオット」のようなコンテストを勝ち上がったりする。

 つまり、バックトラックは借り物でも、巧みなフローを見せればMCバトルを勝ち上がれるラッパーの世界や、ボカロPの提供するオケに乗せて歌い100万再生を獲得できる歌い手の世界に対し、ロックの世界で表現を続けるには金銭的、時間的コストがかかる。業界が成熟している分、ある意味若者に不利な仕組みが完成しきってしまっているのだ。それだけに、バンドを始める若者は多いが離脱率も高い。高校軽音部員の多くはまさに“部活感覚”。卒業後、楽器を手にすらしなくなる子どもも珍しくない。

 しかもコストを払えば成功できるかといえば、そうではない。今年6月、渋谷屋根裏が閉店するなど、多くのライブハウスが動員に苦戦している。特にこの不況の折、10~20代バンドが“お客さん”としたい同世代が、数千円のチケット+1ドリンクという入場料を払えず来店しないと嘆く関係者は多い。メジャーデビューしたとしてメディア露出やCD流通量こそ増えるが、やはりそのCD代を惜しむ若者が多いのはご存じの通りだ。

 このようにロックは若者が演奏をするにも応援するにも“カネがかかる”が、プレーヤーやファン、ハコやレーベルに、若手が活躍できる現場を下支えする資力はない。一方のヒップホップシーンは「セルアウト」することを嫌い、ボカロ・「歌ってみた」シーンにはいわゆる「商業」重視を忌避する面がある。要は、ほぼタダでコンテンツを制作・鑑賞できる環境が整っているのだ。ロックが彼らに水をあけられた要因に、この経済的事情があるとするのは見当違いではないだろう。

 ただし冒頭の通り、ロックバンドを志す若者は増えている。プレーヤーが増えれば、新しい才能が登場する可能性も高くなる。事実、上記3バンドのように、苦境にあるロックの世界をタフにサバイブする若手バンドは確実に存在する。今もロックは若者を興奮させ、そのナイーブな感性を救っている。だからこそ彼らの活躍と、シーンの拡大には期待したい。

(文/成松 哲)

成松 哲(なりまつ・てつ)
1974年生まれ。ライター。各地の文化祭やバンド登竜門コンテスト等をめぐり、高校軽音部・高校生バンドへの取材を重ねる。彼らへのインタビューや、音楽ライターから見た現在の高校生の音楽的興味の方向性分析などをまとめたジン「kids these days!」編集発行人。

業界も同世代も注目!
フレッシュな音楽を聴け!

 この状況下でも各所で注目を集める若いロックバンドは存在する。ここでは、今後ブレイクしそうな3バンドを紹介。

1310_young_06.jpg

【1】すでにSMAPへの楽曲提供も
赤い公園
平均年齢20.5歳のガールズバンド。2012年メジャーデビュー。あらゆるジャンルを飲み込むポップセンスでバンドが注目を集める一方、津野米咲(G)がSMAPのシングル「Joy!!」の作詞曲を手がけたことも話題に。(画像はシングル「今更/交信/さよならは言わない」)


1310_young_07.jpg

【2】アジカンフォロワー感も“今”っぽい
KANA-BOON
2008年、大阪・堺の高校軽音部で結成。ダンサブルかつユーモラスでありながら、硬質なギターロックを武器にインディ時代より地元を中心に高い人気を集め、シングル「盛者必衰の理、お断り」(画像)でキューンミュージックより今月メジャーデビュー。


1310_young_08.jpg

【3】今夏フェスで注目度うなぎ上り
森は生きている
平均年齢20代前半の6人組バンド。東京を中心に活動。細野晴臣のトロピカル3部作などの系譜に連なる、雑多でエキゾチックかつアナログフィールなサウンドが話題を呼び、インディながらフェスへの出演が引きも切らない状態に。8月、セルフタイトルアルバムリリース(画像)。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ