サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【バンクシー】ら、代表的なグラフィティアーティスト6選
第1特集
変わりゆくストリート・アートの現在地【2】

本人不在でも売れる! バンクシーら、代表的なグラフィティアーティスト6選

+お気に入りに追加
1309_grafitti_02.jpg
『Wall and Piece』(PARCO)©2011, parco co., Ltd. All rights reserved.

■正体不明のアートゲリラ!
Banksy
[メッセージ]反戦、民族、政治
社会批判性の強い作品を数多く発表するバンクシー。彼の存在が世界的に知られたのは、イスラエルとパレスチナ自治区を隔てる分離壁付近での全15点の作品群にある。写真の「Throwing Flower」も、そのひとつ。彼の作品を見て、多くのアーティストがこの壁に作品を描くようになるのだった。


1309_grafitti_03.jpg

■町中にステッカーアリ
BNE
[メッセージ]チャリティ
非営利団体「BNE ウォーターファウンデーション(水基金)」を米国に設立し、話題を集める米国出身の覆面アーティスト・BNE。彼のスタイルは、街中に「BNE」と描かれたステッカーを貼ることだ。ステッカーは世界中に増殖し、各国のテレビ局もこぞって報道。同基金には約3万ドルが集まっているという。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』