サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【バンクシー】ら、代表的なグラフィティアーティスト6選
第1特集
変わりゆくストリート・アートの現在地【2】

本人不在でも売れる! バンクシーら、代表的なグラフィティアーティスト6選

+お気に入りに追加
1309_grafitti_02.jpg
『Wall and Piece』(PARCO)©2011, parco co., Ltd. All rights reserved.

■正体不明のアートゲリラ!
Banksy
[メッセージ]反戦、民族、政治
社会批判性の強い作品を数多く発表するバンクシー。彼の存在が世界的に知られたのは、イスラエルとパレスチナ自治区を隔てる分離壁付近での全15点の作品群にある。写真の「Throwing Flower」も、そのひとつ。彼の作品を見て、多くのアーティストがこの壁に作品を描くようになるのだった。


1309_grafitti_03.jpg

■町中にステッカーアリ
BNE
[メッセージ]チャリティ
非営利団体「BNE ウォーターファウンデーション(水基金)」を米国に設立し、話題を集める米国出身の覆面アーティスト・BNE。彼のスタイルは、街中に「BNE」と描かれたステッカーを貼ることだ。ステッカーは世界中に増殖し、各国のテレビ局もこぞって報道。同基金には約3万ドルが集まっているという。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』