サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 麻薬商人が神様!? 南米に広がる【カルト宗教アート】
第1特集
カルト宗教に見る"スピリチュアル・アート"の可能性【1】

麻薬商人の神様が芸術に昇華!? 南米に広がるカルト宗教アートの実態

+お気に入りに追加

――アートといえば、もとをたどれば宗教画と共に発展してきた歴史がある。そして、そんな宗教関連芸術の中で、今、新たな美術現象が起きているという。カルト宗教の聖地と化したラテン・アメリカに広がる、“カルト宗教アート”の可能性とは一体──?

1309_cult_01.jpg
ベーシックなサンタ・ムエルテ像。(写真は以下すべて、加藤薫教授の著書『骸骨の聖母サンタ・ムエルテ』(新評論)より)

 細木数子や江原啓之のブレイクによって、日本でもやたらと多用されるようになったスピリチュアルという言葉。スピリチュアル・フードにスピリチュアル・スポットなど、至るところでその響きを耳にする。そしてアートにもまた、スピリチュアル・アートと呼ばれるジャンルが存在するのだ。

 そもそも、スピリチュアル・アートの定義とはなんなのか。

「60~70年代に精神世界という言葉がアメリカで流行するとともに広がったアートで、新興宗教や土着信仰などを含めた、広義の宗教関連美術を指すものと位置づけられます。伝統的な宗教画などに比べると、歴史は浅く、型にはまらない自由を有する点に特徴があり、より俗的な願望が投影されたものであると言えるでしょう。19~20世紀の美術品を民俗学的な観点から見直してみると、我々が現在、スピリチュアル・アートと呼んでいるものの原型が各地で見つかります。特にラテン・アメリカでは、その原型をあちこちで見ることができるのです」

 そう話すのは、中南米・カリブ圏・米国ラティーノ美術研究者の神奈川大学・加藤薫教授だ。加藤教授によれば、ラテン・アメリカはマヤ、アステカ、インカといった独自の文化圏を持ち、その先住民思想の中に後から宗教思想が持ち込まれたため、キリスト教においても、独自の解釈が広まりやすかったのだという。

 例えば、農業の守護聖人サン・イシドロ。キリスト教の図像において牛や馬と一緒の農夫姿で表される彼は、ラテン・アメリカに行くとなぜか、黒のタキシードに蝶ネクタイ、あるいは土着先住民の民族衣装を着た人物として図像化されている。同じく、キリスト教の美術や文学において弓で射られた姿で描かれる聖人セバスチャンも、ラテン・アメリカでは女性化・骸骨化され聖母と崇められている。こうした、宗教美術の伝統を意に介さない型破りな表現が、ラテン・アメリカには点在しているのだ。それは同時に、"新興宗教"の誕生を意味するという。

「キリスト教のような伝統宗教において、神の救済や慈悲の心を組織に属する聖職者から聞くことができるのは、ミサや祝祭の時くらい。現実的に週に1度程度でしょう。その間に起こる日常のトラブルや迷いは、自分たちで解決するしかありません。民衆は自分たちで話し合いながら問題を解決し、その中で新しい教義が生まれていく。そうして、カトリック信仰では得られなかった“精神的な救い”を求めた人たちの、独自の解釈、宗教は誕生するのです」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』