サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【村上隆】もスピリチュアルアート? 日本の新興宗教とアートの関係
第1特集
カルト宗教に見る"スピリチュアル・アート"の可能性【2】

村上隆の作品こそスピリチュアル・アート! 日本の新興宗教とアートのカンケイ

+お気に入りに追加

──日本にもまた、創価学会や世界救世教をはじめ、数多くの新興宗教が存在する。彼らにも、独自のアートは存在するのだろうか?

1309_az_murakami.jpg
『村上隆完全読本 美術手帖全記事』(美術出版社)

「日本の新興宗教団体には、芸術家の信者はいても、あくまで個々の活動を行うのみ。教団独自のスピリチュアル・アートの制作を行うに至っている団体はほとんどないのです。というのも、日本の新興宗教は、神道から派生したものが多い。神道というのは、極端な話、鳥居を立ててかしわ手を打ったら終わりで、教義も古事記などを教典代わりにしているようなものなのです。宗教美術は本来、信者に見えないもの、つまり精霊などをヴィジュアル化したり、文字の読めない人たちに絵で教義内容を伝えるといった役割を担うものでした。しかし、神道はその伝えるべき“ソフト”が弱いため、絵や偶像などによる表現が発達しなかったのです」(芸術評論家・S氏)

 しかし、創価学会の東京富士美術館や、神慈秀明会のMIHOミュージアムのように、美術館を持つ団体はいくつか存在している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』