サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【女子美はメンヘラ巨乳!?】 東京五美大生その生態に迫る
第1特集
美大芸大ヒエラルキーの実態【2】

語りたがりからメンヘラ巨乳まで──東京五美大の学生はこんなだ!

+お気に入りに追加

──一般大でいえば東京六大学に相当する東京五美大を、その特徴から勝手に分類!

プライド高い70年代ヒッピー

1309_AS_03.jpg
(絵/河合寛)

■美大界の東大
東京藝術大学
[創立年]1949年(前身の東京美術学校は1887年)
[代表的な学科]絵画科、デザイン科、工芸科
[キャンパス]上野・取手・千住・横浜
[主な卒業生]岡本太郎、村上隆、奈良美智、箭内道彦、伊勢谷友介
[受験難易度]100

日本の美術大学の最難関であり頂点。3浪4浪は当たり前で、中には10浪というツワモノも。多くの学科の場合、1年次は茨城県取手市の山奥の校舎にて過ごし、2年次から上野キャンパスで学ぶ。京都・奈良を回る2週間の研修旅行もあり、生徒数も少なく非常にアットホームな雰囲気。芸術に対するプライドが高くマジメであり、アルバイトも控えて制作活動にいそしむ学生も多い。典型的男子は70年代を感じさせるロン毛にひげというヒッピーふうの服装が特徴で、音楽も「メジャーじゃない」ものが好まれる傾向に。


シャレオツでイケイケでハイブロウ

1309_AS_04.jpg
(絵/河合寛)

■美大界の慶應
多摩美術大学
[創立年]1953年
[代表的な学科]グラフィックデザイン学科、情報デザイン学科
[キャンパス]八王子・上野毛
[主な卒業生]竹中直人、佐藤可士和、三宅一生、宮沢章夫、京本政樹(中退)
[受験難易度]80

佐藤可士和やイッセイミヤケを送り出した多摩美は、他美大に比べ、卒業後にクリエイティブ系の職種に就くことが多いのが特徴。「美大出身です」と語るクリエイターは、かなりの確率で多摩美卒と思ってよい。バンドやDJ、アイドルなど音楽活動をおこなう学生も非常に多く、夢眠ねむのように在学中にCDデビューするケースも。他美大からは「調子に乗っている」「ビッチが多い」と揶揄されがちだが、女子学生はカワイイ子が多いと評判。合コン大好き、クラブ大好きのイケてる学生生活を送りたければオススメ。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報