サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 『あまちゃん』でブレークの【能年玲奈】の素顔
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

事務所は安心? 男性スキャンダルの“火種”がまったく聞こえて来ない能年玲奈

+お気に入りに追加

1308_pn_amachan.jpg
NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版

 最終回の9月28日に向けますます注目度が高まるNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』だが、今月1日、東京・渋谷の同局でクランクアップ。主人公の天野アキを演じた能年玲奈は海女の衣装で記者会見に出席し、「最高の1年だった。本当に胸がいっぱいです」と笑みを浮かべ、「『あまちゃん2』のクランクインを待ち望んでいます」と、続編の制作を希望し会場を沸かせた。

「クランクアップはしたものの、今年おおみそかの『紅白歌合戦』が“あまちゃん祭り”になることは間違いない。当然、能年ら『あまちゃん』の出演者は出場するだろうし、劇中で主人公らがビックリした時に思わず口にする方言『じぇじぇじぇ』はすでに流行語になり、年末の『新語・流行語大賞』の大賞に選ばれる可能性が高いだけに、今後、能年はイベントやCMに引っ張りだこになりそう」(広告代理店関係者)

『あまちゃん』の出演女優といえば、5月にアキの親友・足立ユイ役を演じる橋本愛が俳優・落合モトキとの熱愛を写真誌「フライデー」(講談社)で報じられ、先日発売の同誌には小泉今日子演じるアキの母・春子の若き日を演じて人気急上昇中の有村架純とジャニーズのアイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の岡本圭人のプライベートでの“キス写真”が掲載されるなど、メディアから男性スキャンダルを“狙い撃ち”されてしまった。

「橋本の事務所は熱愛を否定したが、その後、『週刊文春』(文芸春秋)で落合と訪れたバーでの“飲酒疑惑”を報じられ、事務所は苦し紛れに否定。7月初めに出席したイベントでは“ぶんむくれ”の態度で大きく評価を下げた。有村は岡本の事務所であるジャニーズともども友人関係を強調したが、今後は、岡本のファンから強烈なバッシングを浴びることになりそうだし、売り出し中にもかかわらずいきなりつまづいてしまった」(芸能プロ関係者)

「あまちゃん」の若い女性キャストを見渡すと、男性スキャンダルを報じて2人を超えるインパクトがあるのは能年のみ。当然、各メディアはスキャンダルを狙っているに違いないが、所属事務所はまったく心配していないようだ。

「もともと能年はかなりの人見知り。小泉や薬師丸ひろ子、宮本信子らにはかわいがられて打ち解けたようだが、親友役の橋本ら同年代の女優陣とはまったく打ち解けられなかったようだ。趣味はもっぱら自宅でのアニメ鑑賞で、好きなアーティストは、会見でもアイドル役の参考にしていることを明かしたももいろクローバーZ。かなり真面目な性格で、仕事しか頭にないようだ」(同)

 能年が『あまちゃん』ファンを「じぇじぇじぇ」と言わせるのは当分先になりそうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』