サイゾーpremium  > 限定  > 【premium限定】赤西仁の新曲印税は“退職金”の代わり!?
1307_az_akanishi.jpg
とんだ"寿退社"ですね。『BANDAGE』

 昨年2月に女優・黒木メイサとデキちゃった結婚をしたペナルティーで、所属するジャニーズ事務所から無期限での活動自粛をさせられていた元KAT-TUNの赤西仁が、所属レコード会社のワーナーミュージックから8月7日に自ら作詞作曲を手掛けた新曲「HEY WHATS’ UP?」を発売することを23日に発表。約1年5カ月ぶりに芸能活動再開となるが、そのブランクはあまりにも大きすぎたようだ。

「すでにジャニーズ内では赤西は『オワコン(=終わったコンテンツ)』扱い。今年の春先までに全国のジャニーズショップからは赤西のグッズが撤去されてしまった。ならば、ネットオークションなどでグッズに高値がついているかというと、出品したところで、値段も付かないような状態。ソロになって、一時期は全米進出を目論んだが、松田聖子や矢沢永吉ですら跳ね返されたあまりにも高すぎる“壁”だっただけに、早々と諦め、新曲は国内市場向けとなっている」(音楽関係者)

 今のところ、新曲発売以降に入りそうな仕事といえば、公開が延び延びになっていた、「忠臣蔵」をモチーフにキアヌ・リーブス主演で赤西にとってのハリウッドデビュー作となる映画「47 RONIN」が年末に公開予定。日本公開に先駆けてのPR活動を行うことになりそうだが、復帰決定早々、早くも不穏なうわさがささやかれているというのだ。

「赤西は年内いっぱいでジャニーズから契約解除されるのでは、と言われている。というのも、赤西は昨年9月頃、メイサが出産を終えた当初はイクメンになるべく“専業主夫”をがんばっていたが、自粛していた“クラブ活動”をガマンできず、昨年末にはかつて『赤西軍団』として暴れ回っていた山下智久、錦戸亮とクラブ遊びをしているところを女性誌にキャッチされたことで、またまた事務所幹部を激怒させてしまった。幹部としては早々にも赤西をクビにしたかったが、赤西を寵愛しているジャニー喜多川社長は、せめて赤西に“退職金”を与えようと、クビにする前に新曲を発売させるのではという話が浮上している。新曲がヒットすればまた状況は変わるかもしれないのだが……」(音楽関係者)

 新曲のヒットはもちろんだが、今後芸能活動を続けたいなら夜遊びも自粛したほうが良さそうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』